東京ノーヴイ・レパートリーシアター日誌

東京ノーヴイ・レパートリーシアターは下北沢を拠点として活動する、プロの演劇集団です。 「心の栄養」をテーマにチェーホフ、ゴーリキー、近松門左衛門、宮沢賢治、シェイクスピアの傑作を毎週上演しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆心で解明するベケット☆『ゴドーを待ちながら』公演情報

東京ノーヴイ・レパートリーシアター10周年目の新作は、
ノーベル文学賞作家 ベケットの代表作『ゴドーを待ちながら』。
笑って泣けて心に響くベケットを、
限定26席のプライベートな劇場空間でお楽しみください!

第24回下北沢演劇祭参加







アニシモフ氏は言います。

「ベケットは、まだまだ解明されていない天才作家だ。

それはシェイクスピアでもチェーホフでも同じなのですが、
そうした天才作家を頭で(知性で)分かろうとしても、
さっぱり理解出来ない。

例えば『ハムレット』なんて頭で読んでも、
私には何の話かまるで分からない。

でも、心で読めれば、すべて分かります。

ベケットは200年後くらいには解明されるかもしれない。
でも、それは心を通じてだけ可能なことです。

さあ、その為の仕事をしましょう。


ゴドーを待ちながら
作:サミュエル・ベケット


【演出】レオニード・アニシモフ


【公演日程】
2014年2月24日(月)~28日(金) 全6公演

24(月)19:00開演
25(火)14:00開演
26(水)14:00開演/19:00開演
27(木)19:00開演
28(金)14:00開演

開場は開演30分前。


【会場】
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
(小田急線・京王井の頭線 下北沢駅 南口より徒歩80歩)


【チケット】
一般(前売・当日)¥4000
学生(前売・当日)¥2000 ※当日学生証提示



【ご予約】
「カンフェティ」という会社でチケット販売をしています。


●電話予約
 カンフェティチケットセンター
0120-240-540(受付時間 平日10:00~18:00)
 演目名「ゴドーを待ちながら」・劇団名(会場名)「東京ノーヴイ・レパートリーシアター」をお伝え下さい

※2/21(金)はチケットセンターがお休みとなります。
2/21(金)から2/23(日)につきましては東京ノーヴイ事務所03-5453-4945(10:00〜17:00)にて代理予約を承ります。

≪電話予約の注意事項≫
 ・払込票番号を予約時にお伝えしますのでメモをご用意下さい。
 ・お電話でのご予約の場合、会員登録は不要です。※カンフェティポイントは付きません。
 ・予約有効期間内に、払込票番号をお近くのセブン-イレブンのレジまでお持ち下さい。
 ・セブン-イレブンへの発券手数料は無料設定(チケット代金のみでOK)



●WEB予約
【PC用予約フォーム】
http://www.confetti-web.com/ticket/ticket.aspx?tid=120508

【携帯用予約フォーム】
http://cnfti.com/met8289/

≪WEB予約の注意事項≫
 ・予約後すぐに、お近くのセブン-イレブンでチケットを受け取れます。
 ・代金はチケット受け取りの際にセブン-イレブンでお支払いいただきます。
 ・ご予約前に、観劇ポータルサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)が必要となります。
 ・セブン-イレブンへの発券手数料は無料設定(チケット代金のみでOK)

 ・他公演のチケット購入にも使える、共通ポイントがたまります (購入価格の1%)。
 ・ポイントは、次回公演や他公演でご利用頂けます。またnanacoギフトに交換することができます。
 ・チケットを購入しますと、1枚毎に、途上国の子どもたちに「BCGワクチン1人分」が寄付されます。
 ・チケットを購入しますと、託児サービスをご利用いただけます。詳しくはカンフェティ・ウェブをご参照ください。
 ・Confetti(カンフェティ)観劇ポータルサイトhttp://confetti-web.com

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■『ゴドー』のコメント集♪

作品についてメンバーにインタビューしました。
いくつか貰ったコメントをご紹介いたします。


・ベケットは、世界でも最難解な作家だと言われている。
しかし、彼の書くものには「経験」や「感情」があるんだ、
という事を、私は証明したかった。
10年のあいだ準備して、今回、それが為せたのを嬉しく思う。(A)

・『ゴドー』なら、人生について、人間について、
何の陶酔や虚飾なく、正直に泣くことができます。
ある年齢に達した人間にとって、唯一の親友となるような作品です。(T)

・「不条理劇」というと、分からないものを分からないまま表現する様な
ナンセンス劇っていうイメージだけど、ノーヴイの『ゴドー』は、
すべてが自然で意味のある表現をしている。
だからこそ見えてくる人間そのものが「不条理」なんだな。(M)

・フランスの古びた小さな劇場にいる錯覚をした。
そこで繰り広げられる人間の悲喜劇。(T)

・どうしても参加すべき作品だと感じていた。
結果、考えてもみなかった作品が産まれたと思う。
「感情」の観点から創られた珍しい『ゴドー」になった。(S)

・面白いことだが、ベケットは「自分はチェーホフの正当な継承者だ」と言ったそうである。
そう考えると、チェーホフを上演してきたノーヴイの『ゴドー』は興味深い。(N)

・作品全体は、老人漫才のテイストを持っています。
「記憶のほつれ」のモチーフから、僕は量子力学的なSF世界さえ連想したのですが、
最終的には、それは「語り得るもの」と「語り得ないもの」との相克として示唆されます。
そこに不条理の焦点が当てられていると思いました。(N)

・作品はまだ産まれたばかり。
これからの稽古や上演次第で、さらに「考え」は深まるし、
何か大きな「感情」に繋がる可能性がある作品だと思う。(S)


ゴドーチラシ

続きを読む »

スポンサーサイト

ゴドーで涙が出るなんて…

ゴドー涙



今までに、何度も「ゴドーを待ちながら」を観た事があります。

そのたびに、寝ちゃったり。。。寝ちゃったり。。。寝ちゃったり(笑)

長くてよくわからない退屈な作品だなあと実は思っていた。。

ところが…

実際、自分が稽古してみてわかった事は…

なんていい作品なんだ~~~~~!!

ほんと、すんませんでしたよベケットさん。

そして、きっと今頃は喜んでいるでしょうね、ベケットさん。
アニシモフさんの戯曲解釈は素晴らしい!
ここまで本当に、ゴドーを理解してた人っているんでしょうか、いや世界は広いからきっといたんだろうけど、私は残念ながら今までお目にかかったことがなかったよ。。

二幕の稽古で、なぜか涙が止まらなくなってしまいました。

私は、おばーちゃん子だったのですが、そのおばーちゃんが年を取るにしたがってどんどん物事を忘れていくんです。
それが私は腹立たしくて…。
今覚えば、悲しかったり寂しかったりしたんだろうけど。。
なんか、いつも怒ってたような気がするんです。
「なんでそうやって忘れちゃうの!!」って

ゴドーの稽古見てたら、そんな事を思い出してしまいました。

ディディに「覚えてないの!?」って言われるんだけどゴゴは本当になんでも忘れちゃうんですね。
だけど、ゴゴも忘れたくて忘れてる訳じゃない。。
だから、首をつろうって言うんだけど。。
ゴゴも忘れていく自分が辛いんだなって。。

うちのばーちゃんも、忘れていく、年をとってく、何もできなくなっていく自分が辛かったし寂しかったのかもなって思いました。
今更なんですがね…

私も自分が年をとってきたからこんな風に思うのかもしれません。

本当に、「ゴドーを待ちながら」は素晴らしい作品です。

ところで「ゴドー」って誰なんでしょうね。
ゴドー=ゴッド(神)説もあるけど。
「ゴッド」だったら、ちゃんとゴッドって書くってベケットさんは言ってます。
ゴドーさんが来たら、死んじゃうかもしれないから、私は来てくれなくてもいいのかなってちょっと思いました。
ずっと、ディディとゴゴの二人を観ていたいから。

                           ありか


追記

公演詳細はコチラ
http://tokyonovyi.blog76.fc2.com/blog-entry-1258.html

希望

今まで何回か「ゴドーを待ちながら」という作品を観たことがありますが、今までこの作品の魅力に全く気付いていませんでした。

本当に、ベケットさんごめんなさい。

こんなにも切なくて、こんなにも笑えて、こんなにも大きな作品だったんですね。

この作品を今、開こうとしています。

どうやったらこれが読み解けるの??と思うのだけど、本当に素晴らしいレオニード・アニシモフという演出家と東京ノーヴイ・レパートリーシアターが出会い、今までにないゴドーが生まれそうです。

この作品を読んで私が思い出すのは

3.11以降にやっていた番組です。

お母さん達が何人か集まって、手に手に棒を持って流された子どもを捜してるのです。
それが、とても明るくて普通で、まさか汚泥に埋まってる子どもを捜してるとはとても思えない。

「見つからないほうがいいと思いませんか?」という質問にお母さん達が口々に答えました。

「もう、今となってはその時期は過ぎたよね~」
「早く見つけてあげたいよね」

この絶望的な状況で、彼女達を生きさせているものは何なんだろうと思います。

そのまま、彼女達は棒で地面をつつきながらどんどん川の中州の方へ進んで行きました。

人は、何のために生きているんだろうか。

絶望というものをどうやって乗り越えていくのだろうか。

何で人は年をとるのだろうか。
その時、あの覚えていたことはどこへ行ってしまうのだろうか。

なんか、そんなことをいっぱい考えます。

どの作品もなんだけど、まさに今自分に必要なものがやってくるなあと。。。。

ま、その作品を乗り越えられるかられないかは今後の自分次第なんですけどね。

               ありか


 | HOME | 

文字サイズの変更

メルマガ登録

【東京ノーヴイ倶楽部】 東京ノーヴイの舞台のヒミツや活動報告を 月1くらいのペースで配信します。 ※「@club-novyi.com」から配信。 ドメイン登録をお願いします。 ※メンバーサイトへもご招待致します。

メルマガの直接登録URLはコチラ

プロフィール

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!

当日のキャストは
こちらをクリック→ 【出演者情報】 して
ご覧下さい。

ペンギンのつぶやきはこちらをクリック
→【ペンギンリポート】


inainaのちょっとした話→【inainaのちょっとした話スタニスラフスキーシステムについて分かりやすくお話します。

<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

@tokyonovyiさんのツイート

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

カテゴリー

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。