天狗祭り

本日、下北沢名物、「天狗祭り」。

一本歯の下駄を履いた天狗が、闊歩し、その後ろに豆の入った枡をかかえたお付きの者たちが豆を辺りにふりまいていた。
鬼は外、福は内!

いや、福を外へ蒔く姿勢を忘れずにいたいなあ…

    みゅるんのともだち


↓ランキングに登録しています。
下の画像をポチッと押してください。応援よろしくお願いします。↓

CoRichブログランキング






▲ただいま、「6thシーズン公演」 開催中!(毎週金・土)▲
!!東京ノーヴイ・レパートリーシアター!!  
ホームページはこちら→ http://www.tokyo-novyi.com/
携帯からのアクセスはこちら →http://www.tokyo-novyi.com/mobile/mobindex.htm 

!!東京ノーヴイ・レパートリーシアターメールマガジン発行中!!
公演情報・作品についての豆知識・インタビュー他、メルマガ読者限定プレゼント企画も。(登録無料)
☆ご登録はこちらから☆ http://www.mag2.com/m/0000249994.html
(携帯版もあります )http://m.mag2.jp/M0073277

子どもになって

3歳になった甥っ子と遊ぶのは楽しい。

先日も、「メリークリスマスしよう!」と言って、ティッシュをいっぱい箱から出し、雪にみたてて、かけあいっこをするのです。

私から見れば、ただのティッシュペーパー。

それが、子供の無邪気な心を通してみると、雪に変わる。

汗かくほど、何10回も雪のかけあいっこをして、甥っ子は
「メリークリスマス楽しいね!」とかわいい笑顔(^o^)

私ももちろん、最高に楽しかった。

アニシモフ先生が、「舞台の上で子どもでいなさい」という意味がわかる気がした。

       “焼いも”

↓ランキングに登録しています。
下の画像をポチッと押してください。応援よろしくお願いします。↓

CoRichブログランキング






▲ただいま、「6thシーズン公演」 開催中!(毎週金・土)▲
!!東京ノーヴイ・レパートリーシアター!!  
ホームページはこちら→ http://www.tokyo-novyi.com/
携帯からのアクセスはこちら →http://www.tokyo-novyi.com/mobile/mobindex.htm 

!!東京ノーヴイ・レパートリーシアターメールマガジン発行中!!
公演情報・作品についての豆知識・インタビュー他、メルマガ読者限定プレゼント企画も。(登録無料)
☆ご登録はこちらから☆ http://www.mag2.com/m/0000249994.html
(携帯版もあります )http://m.mag2.jp/M0073277

雨ニモ負ケズ

昨日から、ぐーっと寒くなってまいりました。

皆様、お気をつけあそばせ。

私はと申しますと、相変わらずでございます。
病院で、あっちもこっちもややこしいことを朝から言ってくる人の事を聞きいて、なだめ、よきようにはからい、家族で病気やややこしいことがあったら、行って、聞いて、なだめ、良きようにはからい…友人に呼ばれても、同じようにはからい…

まあ、宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ!!」…の心境ですな。

本当に、「ソウイウ人間ニ私ハナリタイ」

         かなり疲労している住人

↓ランキングに登録しています。
下の画像をポチッと押してください。応援よろしくお願いします。↓

CoRichブログランキング






▲ただいま、「6thシーズン公演」 開催中!(毎週金・土)▲
!!東京ノーヴイ・レパートリーシアター!!  
ホームページはこちら→ http://www.tokyo-novyi.com/
携帯からのアクセスはこちら →http://www.tokyo-novyi.com/mobile/mobindex.htm 

!!東京ノーヴイ・レパートリーシアターメールマガジン発行中!!
公演情報・作品についての豆知識・インタビュー他、メルマガ読者限定プレゼント企画も。(登録無料)
☆ご登録はこちらから☆ http://www.mag2.com/m/0000249994.html
(携帯版もあります )http://m.mag2.jp/M0073277

星になった人

私は、絵を見るのが好きです。

描くのも好きだけど、あんまり上手じゃないから、やっぱり見るのが好きです。

そんな訳で、昨日は美術館に行きました。

武蔵野私立吉祥寺美術館
「瞽女と哀愁の旅路―斎藤真一展 」です。

小さい美術館ではあるけれど、じっくり見るには、丁度良い。
しかも入館料100円は安い!
交通費の方が高い。。。

最近、個人的に “瞽女(ごぜ)うた”というものに興味がありまして、色々調べる中でたまたま見つけた美術展なのですが、この斎藤真一さんという画家さんは、盲目の女旅芸人の厳しい生活と、それを迎えいれる村人達の人情の中に、本当の人間の姿を感じて、瞽女をモチーフにした絵画やエッセイなどを多数発表した方だそうです。
心に染みる絵って、見ているとその絵の中の空気とか温度とか、勝手に感じられてしまうものなんですね。
これは、演劇でも音楽でも小説にしても同じで、必要なのはこの感覚なのだと改めて、実感してしまいました。

斎藤さんは、こんな事を言っていたそうです。

「本来の人間の生活は自然と共にあったはずなのに、人間が自然を創ろうとした途端、人間は自然から隔離されてしまった。」と

なんと、スタニスラフスキーではありませんか!?

しかし、ほぼ都会で生まれ育った私にとっては、自然に身を任せるということが難しく、周りの人々が全て不自然なものに思えてきたりして、世の中に絶望したくなったりします。
そんな中、私に力を与えてくれた作品がありました。

「二本木の雪」
という作品です。

夕日の沈みかかった一面真っ白な雪の平野を、山の遠く輝く一つ星に向かって、三人の瞽女さんが歩いている絵です。
後から調べたら、この絵は斎藤さんの晩年の作品だったようです。
かれの代表作に 「星になった瞽女」という作品があるのですが、この晩年の作品を見ていたら、「この人も星になったんだろうな…」と思えてしまったのです。
私も、遠く輝くひとつ星に向かって雪をかきわけながら生きて行きます。

            感傷的なさすらい芸人

↓ランキングに登録しています。
下の画像をポチッと押してください。応援よろしくお願いします。↓

CoRichブログランキング






▲ただいま、「6thシーズン公演」 開催中!(毎週金・土)▲
!!東京ノーヴイ・レパートリーシアター!!  
ホームページはこちら→ http://www.tokyo-novyi.com/
携帯からのアクセスはこちら →http://www.tokyo-novyi.com/mobile/mobindex.htm 

!!東京ノーヴイ・レパートリーシアターメールマガジン発行中!!
公演情報・作品についての豆知識・インタビュー他、メルマガ読者限定プレゼント企画も。(登録無料)
☆ご登録はこちらから☆ http://www.mag2.com/m/0000249994.html
(携帯版もあります )http://m.mag2.jp/M0073277

心が、今ここに、居ない

世界はインターネットや移動技術の発達によって距離を縮めたけれど
人間にとっての1日は相変わらず24時間

サービスの優劣を競う多くのビジネスにとって過程を簡略化し、良い結果を出す事こそが至上の命題

携帯電話を持っていればいついかなる時も用件の連絡を受け付ける事になり

結果を求められるまでもなく、自分の中の自分が「結果」という強迫観念に追い回されている

質の高い結果が欲しければ答えは一つで、過程を誠実にしっかり生きることしか無い筈なのに心が焦って、過程をしっかり見、噛み締める事が難しい

ネット上の書き込みにこんなのがあった

「気の小さい私は求められるたくさんの結果と、自分を脅かす妄想の中の評価に恐怖して地に足が着かない。いつも自分は、『今』というここに居ない。そんなことに最近気付いた」

スローライフ とか ロハス
なんて言葉が聞かれるようになったのはこの10年くらいか?

ゆっくり、でも着実に広がっているように思う

スピリチュァルのブームも勢いが強い

今が多くの人間の心のとって困難な時代だというのは良く分かる

秋葉原にトラックで突っ込み通行人を次々刺した
あの青年が

「誰かが止めてくれればよかった」

とこぼしたと言う

彼の孤独に、胸を締め付けられる

困難な時代

人間は皆幸せになろうとしてこの世界の仕組みを作ってきて

今の状況がある

これは人間の犯した間違いなのだろうか?

現在を批判する事は簡単だ

結果を判断する事は誰にも簡単に無責任に出来る事だ

結果がよければ当然のようにその恩恵をこうむり

結果が悪ければ「悪」として吊るし上げ切り捨てる

宇宙というのはエネルギーのバランスで出来ているのだそうだ

だから無駄なものは一つも無いんだとか

無駄なものは淘汰されて行く

逆に今残っているものは宇宙のバランスの中で無駄ではないことになる

宇宙には一つの方向性があるという説がある

「進化」という方向性

この考え方によれば、宇宙は常に進化しようとしていて、人間の一見無駄に見える、或いは一見悪に見える進化にも、まだ可能性が期待されているということになる

「進化」は魅力的だ、強い力で人間の創造性を焚きつける

でもそれは確かに大変な仕事で、ある人はある時力尽き抜け殻のようになるのかも知れない

ワーニャ伯父さんも、アーストロフも、これに魅了され鼓舞され奮起しエネルギッシュに活き活きと働いていたのだと思う

そして

彼らはどうなったんだろう

あのまま

死んで行ったのだろうか?


ベジタリアン

↓ランキングに登録しています。
下の画像をポチッと押してください。応援よろしくお願いします。↓

CoRichブログランキング






▲ただいま、「6thシーズン公演」 開催中!(毎週金・土)▲
!!東京ノーヴイ・レパートリーシアター!!  
ホームページはこちら→ http://www.tokyo-novyi.com/
携帯からのアクセスはこちら →http://www.tokyo-novyi.com/mobile/mobindex.htm 

!!東京ノーヴイ・レパートリーシアターメールマガジン発行中!!
公演情報・作品についての豆知識・インタビュー他、メルマガ読者限定プレゼント企画も。(登録無料)
☆ご登録はこちらから☆ http://www.mag2.com/m/0000249994.html
(携帯版もあります )http://m.mag2.jp/M0073277

喜怒哀楽

こんにちは。

今朝はとても良いお天気でした。

ぬける様な青空で、空は無限にぬけていると思いまして。

昨年いただいた、コーディロのスニーカーにやっとなっとくするヒモを付けてはいて来ました。

JR線の中で、電車がゆれて、ふまれました。

とてもヘコンでしまったのだけれど、2つ前の駅から一緒のステキな人がいたので、ジェントルマンになりました。

茶色と黒のマフラーがとても似合っていました。


ハッピージュン!

↓ランキングに登録しています。
下の画像をポチッと押してください。応援よろしくお願いします。↓

CoRichブログランキング






▲ただいま、「6thシーズン公演」 開催中!(毎週金・土)▲
!!東京ノーヴイ・レパートリーシアター!!  
ホームページはこちら→ http://www.tokyo-novyi.com/
携帯からのアクセスはこちら →http://www.tokyo-novyi.com/mobile/mobindex.htm 

!!東京ノーヴイ・レパートリーシアターメールマガジン発行中!!
公演情報・作品についての豆知識・インタビュー他、メルマガ読者限定プレゼント企画も。(登録無料)
☆ご登録はこちらから☆ http://www.mag2.com/m/0000249994.html
(携帯版もあります )http://m.mag2.jp/M0073277

寒いのもいいね。

冬は寒いけど、空気がキレイだから好きです。

今日も、すてきな青空…。


↓ランキングに登録しています。
下の画像をポチッと押してください。応援よろしくお願いします。↓

CoRichブログランキング






▲ただいま、「6thシーズン公演」 開催中!(毎週金・土)▲
!!東京ノーヴイ・レパートリーシアター!!  
ホームページはこちら→ http://www.tokyo-novyi.com/
携帯からのアクセスはこちら →http://www.tokyo-novyi.com/mobile/mobindex.htm 

!!東京ノーヴイ・レパートリーシアターメールマガジン発行中!!
公演情報・作品についての豆知識・インタビュー他、メルマガ読者限定プレゼント企画も。(登録無料)
☆ご登録はこちらから☆ http://www.mag2.com/m/0000249994.html
(携帯版もあります )http://m.mag2.jp/M0073277

泣いてばかり…

今最寄りのDVDショップが旧作100円レンタルをやってまして、
周囲に勧められた作品4作を今週見ました!

「おくりびと」
「ミリオンドラー・ベイビー」(クリント・イーストウッド監督)
「街の灯」(チャップリン)
「善き人の為のソナタ」(ドイツ映画)

どれも、とにかく私は泣いてしまいました…

思ったのは、作品がよく書けていれば、俳優が余計なことしなければ
観客の潜在意識は勝手に開いて、作品のメッセージを自由に受け取れるのだなあ…
観る人が、その状況・設定を信じられれば、その世界にのめりこめる訳で。

ここはもうちょっと何かこみあげてきて欲しいという物足りないカットも
あるくらい、どの作品も、役者さんの演技は最小限にとどめられているように感じたのです。


でもどの作品も本当に、人間や人生を愛のあるまなざしで眺めていて、
心がこういう栄養を求めていた!!こういう潤し方をしてくれるものが無ければ、
心がさびれて死んでしまう!!やっぱり芸術・文化って人間の魂に不可欠のものだ!
と、実感したのでした~~

レパートリーでは、同じ作品を何年も上演することによって、作品のアンサンブル・
各個人の役づくりが深化していくことが魅力です。
一方で、何のためにやっているのかということを忘れてしまうと、マンネリ化したり、
俳優自身が正しい方向に役を成長させるのではなく、エゴイズムで余計なものを
付け足したりしてしまう危険性があるような気がします。

あらためて、「より単純に、よりより単純に、よりよりよりより単純に」と
肝に銘じた映画鑑賞でした~~~

事務所開き

今日から事務所の業務スタートしました~!!

今年はチェーホフ生誕150年。

チェーホフは私たち劇団の産みの親といってもいいお方。
その誕生を盛大に祝い、多くの皆様にその素晴らしさを伝える一年にしたいと思っています。
今年もどうぞお引き立てのほど宣くお願い致します。

今夏、岩手の旅公演が決まった報告にロシアに電話をしました。
私たちのもう一人の産みの親(アニシモフ氏)は
マイナス40℃近い寒波に「寒~い。。とってもさむ~い」と震えておりました。

皆様も、風邪など召しませんよう暖かくしてお過ごしください。
心が寒さを感じたら、どうぞ劇場までお越しくださいませ。

暖かい笑顔でお待ちしております。



ひとまねこざる

商売繁盛

はつもうで行きましたか?

私も、ちゃんと昨年のお礼と、今年もよろしくお願いいたしますとご挨拶に行ってきました。

今年は、2010年。

あらゆる不正が正され、すべてが正しい道へと軌道修正をする年だそうです。

演劇が本来の力をとりもどし、すべての人の為に芸術が力となる事ができますように。

宝船

音響だより(5) 番外編 『心の中心に、ピンスポを当てる』

先日、ひょんな事から照明のバイトに行ってきました。はじめての照明バイト。ちょっとドキドキしました(*'o'*)
カラオケ教室の発表会のお仕事でした。

前日仕込みをして、次の日本番。仕込みの時は、チーフにくっついて、機材を運んだり、ケーブルをさばいたり。
本番中は、ベテランさんと交代でピンスポット係をやりました。

出場者約120名。一人ずつ歌い、全員にピンスポットを当てます。ベテランの照明さんに使い方を教えていただいて、ちょっと練習して、本番です。

初心者でも、綺麗に出せる方法とその応用編を習いました。

本番がはじまり、最初の一時間は、ベテランさんのやり方を見ていました。その間、ちょっと緊張してしまい…(`ε´)
そして、私の番がまわってきました。


最初は、自分の出している明かりしか見ていませんでした。
でも、段々落ち着いてきたら、バックの明かりや歌い手さんの衣装の色合いが見えてきて、
゛この『タイミング』で明かりを出す″というのが自分なりにつかめてきました。

そしてある事に気がつきました。
この事を言葉にして説明するのは難しいのですが…。
なぜこの『タイミング』がつかめてきたのか?
この『タイミング』というのは、いったい何なのか?
簡単に言うと、全体を見て何となく。になってしまうのだけど…

全体の中心、歌い手さんに『タイミング』をあわせる。

それは、歌い手さんの呼吸にあわせる。歌い手さんを感じる事。
すると、歌い手さんの心に『注意』をむける事になります。
『心の中心』に照準を合わせる。

これって、
スタニスラフスキ―システム\(◎o◎)/!
ではないか?

もしも私が、あの場で歌っていたら、気持ち良く歌える明かりなのかどうか?

この明かりが、全体のバランスとして心地良いかどうか?

一回一回感じれば、良いのです。

うーん、実に面白い。
o(^o^)o


普段私は、レパートリーで音響をやっています。音響をやっている時は、音に凄く注意を払っているので、普段では気にならない、ちょっとした音が聞こえます。今回は目が沢山働きました。音響の時は、より耳で、照明の時は、より目を使っています。


今回の、この面白い体験を与えてくださった皆様に感謝致しますm(_ _)m
 
本当に、
実に面白いo(^o^)o


舞台部音響係チーフ子

あけましておめでとうございます。

2010年チェーホフの150回目の誕生日は1月17日です。
 
21世紀について、この間TVのニュース特番で面白いことをいっていました。

「産業革命以来の流れはついにいきずまった。 
 このいきずまりは、150年前から始まっていた。
 今、我々はルネッサンスと同じような大きな転換期にいる。
 この変革の中から新たな物が生まれてくる。
 大切になるのは生命であると思う」

というようなコメントでした。
具体的には時間を変える必要があると中村桂子さん(生命学者)が言っています。

我々のいる生命系は独自に維持できる機構をもっているのだが、今それを上回る時間の早さが世界を狂わせている。
時間を戻す必要があるといっています。
私達ノーヴイはすでに、新しい意識を求め始めて活動しています。
チェーホフと取り組むことは、その大きな変革を観客に意識させることになるでしょう。
私達は素晴らしい仕事に携っています。
これは皆がこのノーヴイを何とか維持し続けたからです。
時代も変わってきています。
世の中が求めています。
私達のエネルギーを存分に使って心に伝わるものにしましょう。
  

スタニスラフスキーの翻訳本をもう読みましたか?
俳優の仕事代三部「俳優の役に対する仕事」では、スタニスラフスキーの手帳からも訳されていて、スタニスラフスキー自身が悪戦苦闘していたことも垣間見えます。
役作りの色々な過程も参考になります。
是非読んでみてください。

八木




▲ただいま、「6thシーズン公演」 開催中!(毎週金・土)▲
!!東京ノーヴイ・レパートリーシアター!!  
ホームページはこちら→ http://www.tokyo-novyi.com/
携帯からのアクセスはこちら →http://www.tokyo-novyi.com/mobile/mobindex.htm 

!!東京ノーヴイ・レパートリーシアターメールマガジン発行中!!
公演情報・作品についての豆知識・インタビュー他、メルマガ読者限定プレゼント企画も。(登録無料)
☆ご登録はこちらから☆ http://www.mag2.com/m/0000249994.html
(携帯版もあります )http://m.mag2.jp/M0073277

謹賀新年!!

あけまして、おめでとうございます。

東京ノーヴイ・レパートリーシアターは、のんびりとあけました。
いつも忙しい劇団としては、珍しいことです。

劇団員も、それぞれ実家へ帰ったり、思い思いの場所で新年を迎えております。

しばし、休憩。。。

その間、元気を蓄えて、また新たな考えを携えて、大いなる野望と、希望と、あとは…
なんだろう、まあ、いろいろ。。。
故郷のお土産なんぞ持って、帰ってきます。

それまで、しばしのんびり。

帰ってきたら、また、演劇三昧の毎日が始まります。

2010年の幕開け。

皆様、いかがお過ごしですか??

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

↓ランキングに登録しています。
下の画像をポチッと押してください。応援よろしくお願いします。↓

CoRichブログランキング






▲ただいま、「6thシーズン公演」 開催中!(毎週金・土)▲
!!東京ノーヴイ・レパートリーシアター!!  
ホームページはこちら→ http://www.tokyo-novyi.com/
携帯からのアクセスはこちら →http://www.tokyo-novyi.com/mobile/mobindex.htm 

!!東京ノーヴイ・レパートリーシアターメールマガジン発行中!!
公演情報・作品についての豆知識・インタビュー他、メルマガ読者限定プレゼント企画も。(登録無料)
☆ご登録はこちらから☆ http://www.mag2.com/m/0000249994.html
(携帯版もあります )http://m.mag2.jp/M0073277

メルマガ登録

「東京NOVYIメールマガジン」(週一ペースでの配信)に登録すると、「月刊Newsletter」(月一ペースでの配信)があわせて配信されます。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!


私たちは、ロシア功労芸術家のレオニード・アニシモフを芸術監督に迎え、ギリシャ悲劇からチェーホフにいたる、古典作品から厳選したレパートリーを上演しています

平成27年3月27日、東京都より「認定NPO法人」として認定されました。


<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング