10月企画【Live an Artistic Life ! 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京ノーヴイ通信
2013年10月号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


先月、劇団創立10年目の演劇シーズンが開幕しました。
日頃より、応援してくださっている皆様ありがとうございます!

節目にあたる今シーズンは、10ヶ月連続で毎月二作品を公演するという偉業に挑戦します。


シアターΧ主催・東京ノーヴイ+シアターΧ共同企画
【Life in Art 毎月レパートリー公演】
詳細 http://www.tokyo-novyi.com/japanese/pg372.html


2ヶ月目の10月公演は、「国際マスタークラス」+「公演」という、面白い試みです。

マスタークラスでは「創造的な人生を生きる為の、心の使い方」の講義やワークをお伝えします。
過去の開催でも大変好評を頂いています。
楽しく、貴重な時間になるに違いありません。
こちらも合わせてご参加頂ければ、観劇をより一層楽しんで頂けるかと思います。


東京ノーヴイ主催・国際マスタークラス
『芸術的人生を生きるには!?/Life in Art, Live an Artistic Life 』
詳細 http://www.tokyo-novyi.com/japanese/pg365.html


是非この機会にご友人とご一緒に足をお運び頂けましたら幸いです。
心よりお待ちしております♪


--------------------------
ウェブ予約⇒http://novyicai.cart.fc2.com/?ca=all (新しくなりました!)
電話予約:0354534945(東京ノーヴイ・平日10~17時)
電話予約:0356241181(シアターΧ・公演のみの御予約)
--------------------------
<会場アクセス>
東京・両国シアターΧ
http://www.theaterx.jp/access.php



◆10月7日(月)
・14~17時
国際マスタークラス(レクチャーと実践)
『芸術的人生を生きるには!?』
〔講師〕
ロシア:レオニード・アニシモフ氏(演出家)
韓国:イー・ジェサン氏(演出家・劇作家)
日本:田口ランディ氏(作家)【7日のみ特別参加】
〔参加費〕3,000円

・18時30分~
ドストエフスキー作『Idiot~白痴より~』公演
〔料金〕1,000円(高校生以下500円)


◆10月8日(火)
・14~17時
国際マスタークラス(レクチャーと実践)
『芸術的人生を生きるには!?』
※1日目と別内容です
〔講師〕
ロシア:レオニード・アニシモフ氏(演出家)
韓国:イー・ジェサン氏(演出家・作家)
〔参加費〕3,000円

・18時30分~
ブレヒト作『コーカサスの白墨の輪』公演
〔料金〕1,000円(高校生以下500円)


--------------------------
ウェブ予約⇒http://novyicai.cart.fc2.com/?ca=all (新しくなりました!)
電話予約:0354534945(東京ノーヴイ・平日10~17時)
電話予約:0356241181(シアターΧ・公演のみの御予約)
--------------------------
<会場アクセス>
東京・両国シアターΧ
http://www.theaterx.jp/access.php



■公演ダイジェスト動画(ネタばれ含みます)

只今、YouTubeにて動画配信してます。

・『Idiot~白痴より~』ダイジェスト動画
http://www.youtube.com/watch?v=kO6PVYS1fJI&feature=youtu.be

・『コーカサスの白墨の輪』ダイジェスト動画
http://www.youtube.com/watch?v=QWiCiZNppTw&feature=youtu.be


一度ご覧になった作品をおさらいのつもりで見て、
何度観ても面白く、新しい発見がある公演へいらしてください。



■編集後記

・9月の上演後にロビーでオープニングパーティーを催しました。
多くのご参加ありがとうございます。
最後にお渡ししたアレ、使って貰えると嬉しいです♪(N)

・当企画では、ノーヴイ代表作品2本を毎月1,000円という驚きの価格で提供させて頂いております。
これは、まだお会いした事の無いお客様に、初めて出会って頂く絶好の機会だと考えています。
ドストエフスキーやブレヒトの濃厚な舞台を1000円で観劇出来る機会はめったにありません。
是非、この機会に私どもの公演をお友達にご紹介頂くご協力をお願いします(W)




□最後までお読みいただきありがとうございました。



信じられるもの

9/23秋分の日にレオニード・アニシモフによる、
東京インターナショナルスタニスラフスキーアカデミーが開校しました。
その前日には入学式があり、
入学された皆さん正装し、
緊張した面持ちで参加されていました。

私は微力ながら、アシスタントとして
お手伝いさせていただいております。

式後のパーティで一人一人の自己紹介がありました。
全員の方が希望を持ち、この機会に出会えた喜びに溢れているのを感じました。

そんな皆さんの話を聴いているうち、アニシモフさんによる、
スタニスラフスキーシステムと出会った時の自分を思い出しました。

自分の信じられるものをみつけた喜び。
それは何にも変え難い。

逆に、何か違うと思いながら、
やり続けることは心が荒む。

縁あってここに行き着いたこと。
それはとてもラッキーなんだと思う。
心の羅針盤が狂っていると
何が本当に必要なことなのか、分からなくなるし、
その価値にさえ気づけない…

そして、出会えた時の喜びでさえ、風化もしてしまう…

もう一度ここから
私も一緒に、学ばせてもらえる。
今、また、そんな喜びと希望を感じています。

生活は相変わらず大変だけど、
私は幸せな人間なんだと思う。


さゆり

音響だより(4)テクニクス君、さようなら

下北沢の劇場のスピーカー(舞台側)が破損しました。劣化が原因です。寿命が尽きたという所でしょうか?

この『スピーカー君(テクニクス16F20)』は、レパートリー第1シーズンが始まる時に取り付けたものです。

素人の私達が、知らずに手荒に扱ってしまった事もありました。
良く働いてくれて、ありがとうm(_ _)m
感謝感謝感謝。


交換作業は24日に行い、テクニクス自体が無くなってしまったので、フォステクス(FF165wk)に交換。
大切に使用したいと思っています。

フォステクス君、ふつつか者ですが、何卒よろしくお願いいたします。


舞台部音響係 チーフ子

内なる勝利

22日、ジャイアンツが優勝した。僕らの世界には、優勝はない。良いのか悪いのか?最下位もない。でも、共通していることがある、それは、それは、人間として、まず、自分自身との戦いに勝たなければ、その先には行けない。僕が言ってること、判る人にはわかるでしょう。誰かが言ってましたね。「最大の敵は己にあり」と。「弱気は損気」僕も、もっと勇気をもって戦います。取りに行きます。


    シガー

第10期公演スタート!

あんなに暑かった日々でしたが、どんぐりを拾い、すすきを見つけ、そして今日は栗を拾いました。秋ですね~。
第10期のオープニングのシアターX公演には、たくさんの方にご来場頂きました。
来年6月まで続くシアターX公演、これからもたくさんの方にご来場頂ければ幸いです。
そして昨日は、東京インターナショナル・スタニスラフスキーアカデミーの開校式でした。
芸術の秋ですね~。

もらって嬉しいもの、困るもの

人に、もらって嬉しいものを尋ねると、だいたい、その人がよくもらうものが出てくる。
やはり人は、真にもらいたいものをもらうものなのだと、妙に感心する。
かく言う私は、何故か服をもらうことが多い。
大学時代の友達なんか、時々段ボール箱に自分が着なくなった服を詰め込んで、メッセージ一つ添えずドーンと送ってくる。
だから私は、ここ数年来、自分で服を買ったことがない。
いただく服は、自分で選んだものではないからして、サイズが大きすぎたり、趣味が違うものがほとんどだ。
それをベルトでたくしあげたり、メークや髪型を工夫したりして着こなす術を覚えた。
それはそれで良い勉強になったが、最近は、自分が着たい服だけを数着持つような、シンプルで贅沢な生活に憧れたりもする。
さて、もらって困るもの、これもまた人それぞれ。
私は舞台人でありながら、舞台のご招待が苦手。
それも招待主が隣に座っていたりすると恐怖というしかない。
舞台は、生身の人間の出すエネルギーの放出だ。
どんなエネルギーをお客様にお届けするのか、
そこに気をつけていかなくてはならないな…とつくづく思う。

ともちゃん

09/19のツイートまとめ

tokyonovyi

「白痴」「コーカサスの白墨の輪」公演、無事に終了しました。ご来場頂いたお客様、ご協力頂いた皆様、シアターカイのスタッフの皆様、ありがとうこざいました。さあ、また次の公演に向かってファイト!10月は7日、8日です。お待ちしております( ^o^)ノ
09-19 23:54

RT @mononofjt: 両国シアターカイで演劇みてきた。プロの舞台みるのは初めてだったけど、役の内側を見せようとしてる感じ?を間近で見られてすげー面白かった。ほぼアドリブでやってるんだって。万博で翔やんも言ってたけど、ももクロちゃんにもそういう、その場でだけ起き得る偶然を…
09-19 23:49

RT @12BATA: 養成所時代の知人のお芝居に行って来た。http://t.co/xw29O6IkGYブレヒト、とか実はあんまりちゃんと勉強してないけど、ココのお芝居はちょっと違う。所謂"お芝居してます!"って云う力みの無い、よく言えば自在な、悪く言えばいい加減っぽい…
09-19 23:46

RT @DrTomabechi: 苫米地の頭の中を覗く番組「苫米地BRAIN」MXTV(デジタル9ch)9月20日(金)27:00~27:30放送 http://t.co/PDQa57Wqgw -ドクター苫米地ブログ - Dr. Hideto Tomabechi Officia…
09-19 21:21

リツイートありがとうございます。来月は、ランディさんにもご参加頂く国際マスタークラスもございます。お忙しいかとは思いますが、ぜひ劇場にも足をお運び下さい。お待ちしております( ^o^)
09-19 21:20

東京ノーヴイの公演をご覧下さって、少しでも気に入って頂けましたら、ぜひお友達やご家族にご紹介下さい。Twitterや、Facebookでもご紹介下さい。まだまだ宣伝できていません。なんとか皆様のお力で東京ノーヴイの芝居を、必要とされている方まで届くようにご協力お願いします。
09-19 01:54

RT @machikojima: 綺麗にしていってよかった。観劇後のお祝いパーティーで下を向かずにすんだ。資生堂のファンデーションが、ほしいです。俳優さんの素晴らしさが光る芝居って、久々でした。女優に目が行きがちなのに。パーティーでは女優さんに目が釘付け。みなさ…
09-19 00:59

RT @machikojima: 今日はこれから東京ノーヴィレパートリーシアターの『idiot~白痴より~』を両国に見に行きます。ロシアの演出家アニシモフさんの作品。たーのしみだなー。
09-19 00:59

RT @machikojima: すっごく面白かった。『idiot~白痴より~』次、ハンデのある役に挑戦したい。病気、とか、障害、とか、怪我とか。初日でバタバタするところもあったけど、でも三時間半という長丁場、自分でも驚くほどの集中力で観られた。シアターⅩ ¥1000…
09-19 00:58

RT @emsendoh: この芝居、毎月1日だけですが来年6月までやっています。芝居好きの人は是非観てみて下さい。しかも1000円です。因みに主役ムィシュキン公爵を演じていた役者が、僕のやっていた跛行舎の堀氏の芝居を彷彿とさせ、堀さんじゃ無いかと思いました。 http://t…
09-19 00:55

READ MORE

10年目

18日かれスタートした10年目です!!
19日の「コーカサスの白墨の輪」を終えて、気づいたら、中秋の名月の満月は過ぎてしまってた・・・

私、月のエネルギーを信じてたりすのです! 
中秋の名月=満月だと思い込んでたのに、そうではないと知って、19日に十五夜を楽しみにしてたのに。
そんな、自然界・暦の特別な日と、ノーヴィの出来事が重なる事が多いのも事実。
そのように予定を組んでいるのか?
いやいや、そんな事考えてるわけではないはず・・・と、推測してみたり。
未だ確かめたことがありません(笑)

次に満月の十五夜になるのは、2021年ですって!!
その時、私たちにはとんな出来事が起きているのでしょ!!

皆様と、美しい月がみられますように。

えり

09/18のツイートまとめ

tokyonovyi

明日は、ブレヒト作:「コーカサスの白墨の輪」明日も終演後のパーティーへご招待いたします。開演18時半。両国のシアターカイです。なんと、千円でのスペシャル公演!!ブレヒトは、暗くて難しい??まさか?!生きる力に満ち満ちたブレヒト作品。ノーヴイの世界にお連れします>_<
09-18 19:46

【本日/明日の出演舞台&レセプションパーティへの無料ご招待】※舞台後に俳優・演出家と交流いただけます。節目にあたる今シーズンは、10ヶ月連続で毎月二作品を公演するという偉業に挑戦します。本日は、「白痴」作:ブレヒト。18時半開演。両国シアターカイ。
09-18 15:23

09/17のツイートまとめ

tokyonovyi

【拡散希望】ついに明日、我々の記念すべき10年目の演劇シーズンが開幕します。両国シアターXでの18:30 からの公演にご招待いたします。観劇後、感想をツイートして下さる方!東京ノーヴイをフォローした上で@ 下さい。18日ドストエフスキー、19日ブレヒト作品を上演します。
09-17 19:35

自然の力

今東京は台風の中です。各地の被害も相当ですね。まずは皆さん、ご無事な様に、被害に会われません様にお祈り申し上げます。
しかしながら、本当に自然の力って凄い!!改めて生かされてるんだなぁって思います。自然への畏敬の念を思い出します。なんで、日常だとこういう気持ちが薄れてしまうのでしょう?
改めて、地球を愛したいーと思う日なのでした。

挨拶

受難続きで、重苦しい気分で迎えた或る朝。

向かいから自転車に乗った若い女性に挨拶された。
「おはようございます」。

咄嗟にわたしは怪訝な顔をしながら会釈を返した。

バイトの人?近所の人?
考えてみたが、思い当たらない。

その時、振り返ると自転車は近くの日本語学校に停まった。

そういうことだったのか!

きっと、日本語学校で挨拶しましょうと教えられたのか?
若しくは母国での習慣なのか?

わたしも幼児期の頃は、行き交う人に挨拶していたように思う。

今日は、知らないあなたの無垢な魂に救われました。


救世主

09/15のツイートまとめ

tokyonovyi

【舞台情報】9/18(水)18時半~ドストエフスキー作「白痴」、9/19(木)18時半~ブレヒト作「コーカサスの白墨の輪」を両国シアターXにて上演。シアターX主催の企画によりチケット1000円!演出:ロシア功労芸術家レオニード・アニシモフ。公演:東京ノーヴイ・レパートリーシアター
09-15 21:26

09/14のツイートまとめ

tokyonovyi

この舞台は、「情念」と「感情」の対立の物語だ。「情念」とは自分に何かを取り込もうとする情動で、「感情」とは自分を与えようとする情動です。エゴと愛の相克。ドストエフスキー『Idiot~白痴より~』9/18(水)@両国シアターΧ。ご予約は⇒http://t.co/lSiiYzMHNw
09-14 21:31

この舞台は、内戦の混乱のなかで子供を「盗ん」だ少女をはじめ、間違ってばかりの人間たちの物語だ。誰もが愚かで弱いが、それでも彼らは生きる事を恐れない。ブレヒト作『コーカサスの白墨の輪』9/19(木)@両国シアターΧにて。ご予約は⇒http://t.co/lSiiYzMHNw
09-14 13:36

09/13のツイートまとめ

tokyonovyi

例えばジブリ映画は何度観ても面白く、違った発見があったりするけど、一つの演劇で何度も劇場へ足を運ぶ方は多くない。しかし「本当の読者は二度目の読者だ」の言葉もある。演劇も同じ。スルメみたいに味わえる。10ヶ月公演、まずは初月のご予約⇒http://t.co/lSiiYzMHNw
09-13 21:27

十月十日の演劇の物語を紡ぐ!たった一つの細胞から人間さえ創造される10ヶ月にわたり、たった二つの作品を毎月公演します。そんな風変わりな上演に挑戦です。初月は9/18(水)19(木)@両国シアターΧ。ドストエフスキー&ブレヒト。ご予約は⇒http://t.co/lSiiYzMHNw
09-13 12:39

09/12のツイートまとめ

tokyonovyi

芝居、観に来ない?最高の舞台を演るんだけど、ぶっちゃけ客席が寂しいんだ。ドストエフスキー&ブレヒトの最高の舞台詳細⇒http://t.co/2ZNE5X9CQ8 9/18(水)19(木)@両国シアターΧ。料金千円!ご予約は⇒http://t.co/lSiiYzMHNw 宜しく!
09-12 21:20

【伝説】舞台本番で突然、セリフを歌で表現した俳優がいて、観客も演出家(笑)も驚く名シーンが誕生する劇団。好きに演る、しかし気まぐれでない意図で。ドストエフスキー&ブレヒトが【千円】。9/18(水)19(木)@両国シアターΧ。ご予約は⇒http://t.co/lSiiYzMHNw
09-12 13:33

09/11のツイートまとめ

tokyonovyi

東京ノーヴイの舞台は、「交流(byスタニスラフスキー)」という即興の連続です。私達も何が起こるか分かりません。ドストエフスキー&ブレヒトの舞台が【千円】。再開の第1回は、9/18(水)19(木)@両国シアターΧにて。ご予約は⇒http://t.co/oPvTJuyjzZ
09-11 21:38

素敵なチラシが出来ました。よく見ると、薄っすらドストエフスキー&ブレヒトの顔が^^ご予約は⇒http://t.co/lSiiYzMHNw 初回は9/18(水)19(木)@両国シアターΧです。ブルーのクラシックなチラシが目印。料金千円! http://t.co/nyRq3zXhtp
09-11 12:39

種山が原の夜

シニアクラスでは、宮沢賢治さんの種山が原の夜のリハーサルを進めている。先日、少しでも宮沢賢治さんを感じようと、種山が原を訪れた。
広大な自然。有無を言わさない何かがありました。それがいまだ言葉にできていませんが。
いつか作品の中に。
その日はたまたま宮沢賢治さんの誕生日。貴重な日に種山が原に迎えられ、メンバー一人一人が「大事な種」のプレゼントを逆にいただいてきた夏の終わりでした。感謝。

種山が原の夜

09/10のツイートまとめ

tokyonovyi

失敗しました。通信できません。Twitterに言われた。なんとなく凹む。いっぱいいっぱい、通信したいことあんねん!!聞いてよーーーーーー!!!
09-10 23:32

舞台作品が「生きている」限り、それは「未完」だ。レパートリー公演の醍醐味は、作品の成長を見守ってゆける事。ドストエフスキー&ブレヒトの舞台が【千円】。再開の第1回は、9/18(水)19(木)@両国シアターΧにて。ご予約は⇒http://t.co/oPvTJuyjzZ
09-10 21:23

ドストエフスキー&ブレヒトの舞台が【千円】。再開の第1回は、9/18(水)19(木)@両国シアターΧにて。毎回、キャストを変え、アプローチを新たにし、大事に育てる大作2舞台!ご予約は⇒http://t.co/IRREnW6Pgn
09-10 13:36

東京オリンピック

2020年、東京オリンピックが決まりました。

いやあ、びっくりしましたね。。。

いまだ、放射能問題解決せず、いろんな国とごたごたしてるそんな日本で、まさかオリンピックを開催したいと思う人がいるとは…

おめでたい事なんでしょうか。。。

よくわかりません。。。

ちょうど井上ひさしさんの戯曲を読んでいた所で聞いた、オリンピックの話だったので、なんだかうまく自分の中で昇華できていないのかもしれません。

井上さんの戯曲の中にこんな言葉がありました。

「お客さまの前にありとあらゆる人間を創りだしてみせる、人間の屑にそんな神様のようなことができますか。これは、小山内薫先生と土方与志先生、お二人の持論ですが、人間の中でも宝石のような人たちが俳優になるんです。なぜならこころが宝石のようにきれいで、ピカピカに輝いている者でないかぎり、すなおに人のこころの中に入って行って、その人そのものになりきることができないからです。」

すごい言葉じゃないですか???

                                 ありか


大事に育てる大作2舞台

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京ノーヴイ通信
2013年9月号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


実りの秋、、お元気でお過ごしでしょうか?
東京ノーヴイ・レパートリーシアターは、
第10シーズンを迎えました。

ますます活発な創造活動に
ぜひ共に参加して頂きたく、ご案内申し上げます。



■■目次■■

1:大事に育てる大作2舞台

2:国際マスタークラス:芸術的人生を生きるには!?

3:【定員間近】スタニスラフスキーアカデミー開校!



■1:大事に育てる大作2舞台


前シーズンより始まりましたシアターΧでの毎月公演を
9月から再開します。

作品は、「生きている」限り、「未完」です。

レパートリー公演の醍醐味は、作品の成長!

毎回、キャストを変え、アプローチを新たにし、
大事に育てていきます。

私達も何が起こるか分かりません。
東京ノーヴイの舞台は、「交流」という即興の連続です。


--------------------------
シアターΧ主催
東京ノーヴイ+シアターΧ共同企画
【Life in Art 毎月レパートリー公演】

ドストエフスキー作『Idiot~白痴より~』
作品説明:http://www.tokyo-novyi.com/japanese/repertory/idiot.html
・9/18(水)18:30開演
・10/7(月)18:30開演

ブレヒト作『コーカサスの白墨の輪』
作品説明:http://www.tokyo-novyi.com/japanese/repertory/pg371.html
・9/19(木)18:30開演
・10/8(火)18:30開演
--------------------------
※上演時間は両作品とも3時間半を予定
※料金1,000円(高校生以下500円)

※現在、以下より9月10月公演のご予約が出来ます

チケット取り扱い(シアターΧ)
↓↓クリック↓↓
http://www.theaterx.jp/ticket.shtml
電話03-5624-1181


<劇場アクセス>
東京・両国シアターΧ
http://www.theaterx.jp/access.php


<作品紹介>
:『Idiot~白痴より~』
原作:フョードル・ドストエフスキー

文豪ドストエフスキーが描く「善良で、最も美しい人間」とは?
美しい人たちが、なぜ殺され、心を壊されなければならないのか?
エゴイズムの世界で矛盾しながら苦しめあう私たちの様相。

《あらすじ》
スイスでてんかんの治療をしていたムィシュキン公爵が、
数年ぶりにロシアに戻ってきた。
その道中に知り合ったロゴージン、彼の運命の女性ナスターシャ、
そして公爵に思いを寄せるアグラーヤ、
4人の複雑な関係は意外な結末へと突き進む。


:『コーカサスの白墨の輪』
作:ベルトルト・ブレヒト

「人間らしく生きることは危険だ!」それでも「生きる事を恐れるな!」
戦争の絶えないコーカサスを舞台に、誇り高くも無邪気な人々が大胆に生き抜く寓話劇。

《あらすじ》
中央アジアに位置するグルジアを舞台とした太古の物語。
国の権力を握る領主が反乱によって殺され、
産まれたばかりの領主の子供が宮廷に置き去りにされてしまった。
宮殿の召使いグルシェは赤ん坊を見殺しに出来ず抱いて逃げる。
子供の命を狙う兵士に追われつつも、氷河を越えて辺境の村へ逃げ、
苦難の末に自分の子として育てていく決意をする。
やがて内乱が終わり、領主夫人が子どもを連れ戻しにやって来た。
産みの親と育ての親、どちらが真実の母親か?!
かくして裁判は、混乱の最中ひょんなことから裁判官にさせられた、
村役場の小役人アツダクの手にゆだねられた。


■2:国際マスタークラス:芸術的人生を生きるには!?


芸術を愛する方々を対象に、ワークショップを開催します。

レクチャーが中心で、イマジネーションを鍛える
簡単なエクササイズ等を予定しております。

クリエイティブな生活が、人生に多くの喜びをもたらしてくれることでしょう。
心豊かに生きるための時間を、共に過ごせたら幸いです。

--------------------------
東京ノーヴイ主催
国際マスタークラス

『芸術的人生を生きるには!?/Life in Art, Live an Artistic Life 』
--------------------------
日時:10/7(月)・10/8(火) 14~17時予定
参加費:各回 3000円


詳細
http://www.tokyo-novyi.com/japanese/pg365.html

お申込はコチラ↓
http://tnrt.cart.fc2.com/ca30/46/p-r-s/



■3:【定員間近】スタニスラフスキーアカデミー開校!


レオニード・アニシモフによる俳優・演出家の為のマスタークラス
『才能は限りなく開く!』シリーズも、
お陰様で第1回開催から既に12年が経ちました。

そしてこの秋、
芸術監督であり、講師のアニシモフの長年の夢であった
アカデミー開校が決まりましたので、ご案内いたします。

私たち東京ノーヴイ・レパートリーシアターは、
人間の『才能開花』・『意識改革』を目指し活動してきました。
本アカデミーは、
これらの目標に基づいた芸術家の為の『学びの場』です。
この『学びの場』では、
俳優・演出家が、単に必要な技術を習得するにとどまらず、
自立した芸術家として育って行く事、
その芸術家たちが演劇芸術を通して世の中にどう貢献できるかを
共に考えていくことを目指します。

※マスタークラス受講経験者対象に1次募集し、
女優枠は締め切らせて頂きました。
今回の2次募集は、演出家と男優の募集になります。


10ヶ月間にわたってシステムを学ぶプログラムです。

興味のある方は、詳細をご覧下さい。
新しい出会いを楽しみにしています。

 ⇒http://www.tokyo-novyi.com/japanese/master.html



□最後までお読みいただきありがとうございました。


膝頭に半熟卵をぶちまけた

多摩川を挟んで東に東京、西に神奈川。
僕は川が好きで、多摩川の東の狛江から、多摩川の西の生田に、今日引っ越した。

アパートの近くの小さな商店でパスタと具材を買って帰って作ろうとしたら、備え付けのIH加熱器が壊れていたので、仕方なく近所のお弁当屋(かまど屋)に行った。

注文をしてお弁当を待っていたら、先に会計を済ませたおじさんに店員さんが「これよかったら」と缶のお茶をサービスして、おじさんは「えっ、じゃあお言葉に甘えて!」と嬉しそうに店を後にした。感動しながら僕も会計をしたら、店員さんが「これよかったら」とお味噌汁をサービスしてくれて、さらに感動してニヤニヤしながら店を後にした。初日から早速この町が好きになった。

ウキウキしながらスキップ気分で公園に行き、ピリ辛茄子味噌炒め弁当の蓋を開き、いただきます、そしておかずに乗せる半熟卵を取り出し、ベンチで割ろうか、いやそれは汚い、仕方ない、膝頭で割ろう、そうしよう、と、膝頭で叩いたら、半熟卵は僕の膝頭に、まるで地面に叩きつけられたトマトのように見事に破裂した。あまりのショックに混乱し、お弁当のお箸の紙袋(ごく小さい)で膝頭を拭こうと試みたら、太ももからスネまでパックをしたような状態になり、さらに溶けたロウが乾いた後みたいにカピカピになった。そしてその間に約12箇所を蚊に刺された。

ゲンナリしながら近くのセブンイレブンで手や膝頭を洗いながらふと、「こういう無邪気さが舞台の上でもあればなあ・・・」と思った。

芸術を試みたり志したりすること。

富よりも名声よりも成功よりも、そんな日常の感動や、混乱や、痒みや、唐揚げとビールや、夏の夜の風や、ありがとうやさようならや、おはようやおやすみを、毎日人生初めての一日のように、初々しく瑞々しく感じていきたい。

僕はつくづく生きることを愛してるなあと思った。
僕はつくづく人が生きることを愛しているなあと思い出した。

藤井宏次

福島まで憧れの゛伊藤若沖展゛に行って来ました!

福島に着いて駅ビルのトイレに居ましたら、グラグラと大きく揺れ、「今地震が有りましたが、この建物は安全です!」とアナウンスが流れました!ローカル線が運転見合せになったり、新幹線も20分以上の遅れが出ました!


駅ビルは観光客や買物客で賑わっていましたが、福島の方々が震災から二年以上経った今でも、余震の恐怖にさらされているのだという事を、改めて思いしらされました。

福島県立美術館は福島駅から二つ目で、予定通り到着!今回は東北の人々を元気付けたいと、カリフォルニアに住む゛江戸の絵師の作品収集家゛のプライスさんが、自分の収集作品を提供して下さり、仙台、岩手、福島と美術展が開催されて来ました!

私が若沖の絵に惹き付けられるのは、「その生命力のエネルギー強さ」なのだと改めて再確認しました!

動物も魚も植物さえも、今にも絵の中から飛び出て来るのではないかと思ほど、生命力に満ち溢れているのです!

若沖の「鶏図」は有名ですが、信じられないくらいの精密さと高い技巧で描かれた「紫陽花双鶏図」は、息をのむ様なあざやかな色で紫陽花、薔薇、二羽の鶏が描かれ、今にも動き出すのではと目が釘付けになり、そこから中々動けませんでした!

そして圧巻はやはり、「鳥獣花木図屏風」でしょう!巨大な屏風を八万六千個もの約一センチ四方の枡目に色を入れて描く「枡目描」という気の遠くなる様な作業により完成されています!

其処に描かれているのは、世界の全ての動物たち、ゾウ、虎、ロバ、鶴、若沖が見たことがなかったキリンやラッコなどは想像で描かれ、また想像上の生き物である一角獣や鳳凰までが、一つの屏風の中に仲良く集い、正に此処は゛生命の楽園゛なのです!!弱肉強食の世界に生きる動物たちが平和に共存しているこの屏風は゛仏画゛だと言われており、プライスさんは「此だけでも、東北の人々に見せて上げたい!」と、この展覧会が実現したそうです!

他にも若沖は、「海と川の魚たちが一緒に共存している絵」も描いており、其処には僧侶でもあった若沖の世界観が現れていて、心を打ちます。そして見ていてクスリと笑ってしまうユーモアに溢れているのです!

「一生の内に絶対に、若沖の絵は見ないと!」という思いで福島まで出かけて行き良かったです!残念ながら本当に被災された方々のいらっしゃる海辺の方には行けずに帰って来ました!せめてもの復興になればと、福島のお菓子とお酒をお土産に買い、帰路に着きました!

福島県立美術館での「若沖が来てくれました」~プライスコレクション・江戸絵描の美と生命~は9月23日までです!あなたも出かけてみては如何でしょうか!!

゛若沖゛大好き 中村恵子

メルマガ登録

「東京NOVYIメールマガジン」(週一ペースでの配信)に登録すると、「月刊Newsletter」(月一ペースでの配信)があわせて配信されます。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!


私たちは、ロシア功労芸術家のレオニード・アニシモフを芸術監督に迎え、ギリシャ悲劇からチェーホフにいたる、古典作品から厳選したレパートリーを上演しています

平成27年3月27日、東京都より「認定NPO法人」として認定されました。


<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング