宝を持ち腐れるな!

今日、家の本棚を整理してたら、後ろの列の隅っこの方に『クオレ(アミーチス作)』を発見!

この本は、゛宮澤賢治さんが影響をうけた本″という記事をどこかで読み、『銀河鉄道の夜』を作る時に参考になるかしら?と思って買った本です。
6年ぐらい前ですか?

『クオレ』はイタリアの少年、エンリーコの学校生活一年間を日記形式で描いた作品で、実際の小学生の日記をもとにして作られています。

日本では、クオレといえば、『母をたずねて三千里』(原題 『アペニン山脈からアンデス山脈へ』)が有名ですが、
この話しは、『クオレ』の中のある一つのエピソードなのです。
学校の先生が毎月一つずつ、美しい行いをした少年の話しをします。その中の一つです。

本を買った当時『クオレ』にちょっとハマったのを思い出しました。

『愛情』にあふれた本です。
少年を中心に家族の愛、先生と生徒の愛、周りの人達への愛…。

…という本だったと思います
(*_*)

ここまで解説しといて何ですが、
実は最後まで読んでなくて…(-"-;)
だいぶ忘れてしまってもいます。

『銀河鉄道の夜』をやる時にも大変助けてもらったはずなんだけど。

家には、参考にしようと思って集めた、読みかけの本が沢山あるのです。

今、目に留まったという事は、もう一度読んでみなさいって事かしら?


家の本棚には、沢山の宝が眠っています。
(*'へ'*)

かねこねこ

コメント

非公開コメント

メルマガ登録

「東京NOVYIメールマガジン」(週一ペースでの配信)に登録すると、「月刊Newsletter」(月一ペースでの配信)があわせて配信されます。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!


私たちは、ロシア功労芸術家のレオニード・アニシモフを芸術監督に迎え、ギリシャ悲劇からチェーホフにいたる、古典作品から厳選したレパートリーを上演しています

平成27年3月27日、東京都より「認定NPO法人」として認定されました。


<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング