ちょっとした話 32

32『《止まれる》ということ 』



バレエの発表会のお仕事に、たまに行く。

まだ、幼稚園ぐらいの子から、年配の方まで出演される。

跳ぶ、回る、走る…。 
最近思った。 
私がハッと目を奪われるのは、《止まれる》人だ。

キメのポーズはもちろん、ひとつひとつの何気ない動きの中でも、《ピッ》と止まり《スッ》と動く。


そういう人の演技には、《意思》がみなぎっているように思える。

《意思》とは、たぶん↓

 《物語の中での役割≒提案された状況》を

→《受けとめ》
→《感じ》
→《考え》
→《分析》した結果、生まれる
→《判断》…

…すなわち、《考え》と《感情》を持った《判断》。

その《意思》を、日頃培ったバレエの《技術》が、《演技》として《目に見えるもの》にしてくれる。

《意思》と《技術》、どちらが欠けても《演技》は成り立たない。


《止まる》。その一瞬の後に《動き出す》。

その一瞬で、観客も《考え》《感じる》。

ダンサーの《内面》が、人物の《意思》が、透き通ったガラスのように見て取れる、伝わる。

観客は、《わかる》。
だから、《共感する》。

ハッと、私の目を捕らえるのは、磨かれた《意思》と《技術》の融合。


《止まれる》人は、もちろん、跳ぶのも回るのも素晴らしい。

そんなダンサーの演技こそ、スタニスラフスキー・システムで謂うところの、《行動》=《意思を伴った反応》なのだ。


《より高い芸術》とは、複雑で解りにくいものではなく、単純で、誰にでも《伝わり》、《共感》を得られるものだと私は思う。


目には見えない《内面》の出来事を、磨かれた《技術》によって、いとも簡単なように《サラリ》と表現して見せる。


ダンサーと同じく、俳優も《技術》を磨かねばならない。
スタニスラフスキー・システムに、その《方法》が示されている。


では、また…

コメント

非公開コメント

メルマガ登録

「東京NOVYIメールマガジン」(週一ペースでの配信)に登録すると、「月刊Newsletter」(月一ペースでの配信)があわせて配信されます。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!


私たちは、ロシア功労芸術家のレオニード・アニシモフを芸術監督に迎え、ギリシャ悲劇からチェーホフにいたる、古典作品から厳選したレパートリーを上演しています

平成27年3月27日、東京都より「認定NPO法人」として認定されました。


<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング