希望

今まで何回か「ゴドーを待ちながら」という作品を観たことがありますが、今までこの作品の魅力に全く気付いていませんでした。

本当に、ベケットさんごめんなさい。

こんなにも切なくて、こんなにも笑えて、こんなにも大きな作品だったんですね。

この作品を今、開こうとしています。

どうやったらこれが読み解けるの??と思うのだけど、本当に素晴らしいレオニード・アニシモフという演出家と東京ノーヴイ・レパートリーシアターが出会い、今までにないゴドーが生まれそうです。

この作品を読んで私が思い出すのは

3.11以降にやっていた番組です。

お母さん達が何人か集まって、手に手に棒を持って流された子どもを捜してるのです。
それが、とても明るくて普通で、まさか汚泥に埋まってる子どもを捜してるとはとても思えない。

「見つからないほうがいいと思いませんか?」という質問にお母さん達が口々に答えました。

「もう、今となってはその時期は過ぎたよね~」
「早く見つけてあげたいよね」

この絶望的な状況で、彼女達を生きさせているものは何なんだろうと思います。

そのまま、彼女達は棒で地面をつつきながらどんどん川の中州の方へ進んで行きました。

人は、何のために生きているんだろうか。

絶望というものをどうやって乗り越えていくのだろうか。

何で人は年をとるのだろうか。
その時、あの覚えていたことはどこへ行ってしまうのだろうか。

なんか、そんなことをいっぱい考えます。

どの作品もなんだけど、まさに今自分に必要なものがやってくるなあと。。。。

ま、その作品を乗り越えられるかられないかは今後の自分次第なんですけどね。

               ありか


コメント

非公開コメント

メルマガ登録

「東京NOVYIメールマガジン」(週一ペースでの配信)に登録すると、「月刊Newsletter」(月一ペースでの配信)があわせて配信されます。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!


私たちは、ロシア功労芸術家のレオニード・アニシモフを芸術監督に迎え、ギリシャ悲劇からチェーホフにいたる、古典作品から厳選したレパートリーを上演しています

平成27年3月27日、東京都より「認定NPO法人」として認定されました。


<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング