東京ノーヴイ・レパートリーシアター日誌

東京ノーヴイ・レパートリーシアターは下北沢を拠点として活動する、プロの演劇集団です。 「心の栄養」をテーマにチェーホフ、ゴーリキー、近松門左衛門、宮沢賢治、シェイクスピアの傑作を毎週上演しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/11(火)ドストエフスキー&6/12(水)ブレヒト

●繰り返すことは、すでに死につつあることだ●


シアターΧでの当企画も4ヶ月目となりました。

私たちノーヴイの俳優には、「同じ演技を繰り返さない」という
基本的な心構えがありますので、

毎回の舞台で、新しい課題に向き合いながら、
作品の成長に努めています。

この舞台は、昨年、一昨年に公演した際に好評を博し、
劇場主催企画の特別価格として再演となった作品です。

天才作家の作品(古典)は、何度観ても発見がありますし、
毎回の違いを楽しむのがレパートリー公演の醍醐味でもあります。

この二作品をまだご覧でない方も、一度観られた方も、是非この機会に両国シアターXに足をお運びくださいませ!
------------------------------------------

★シアターΧ主催「Life in Art 毎月レパートリー公演」★
~世界を動かした二人の天才~


◆演目
(1)「Idiot~ドストエフスキー白痴より~」
  原作:ドストエフスキー
  http://www.tokyo-novyi.com/japanese/repertory/idiot.html
(2)「コーカサスの白墨の輪」
  作:ブレヒト
  http://www.tokyo-novyi.com/japanese/repertory/pg371.html


◆演出:レオニード・アニシモフ


◆上演日程
・6/11(火)19時「白痴」
・6/12(水)19時「コーカサスの白墨の輪」

※上演時間は両作品とも3時間半を予定しています。


◆劇場:東京・両国シアターΧ(カイ)
アクセス:http://www.theaterx.jp/access.php


◆料金
全公演 1000円(高校生500円)
※シーズンチケットをお持ちの方は、1回分で1公演2名様までご観劇いただけます。


◆予約ウェブサイト
------------------------
「白痴」予約フォーム(PC)
https://okepi.net/torioki/booking_form.aspx?paid=58ffa426-918f-4fd6-8a39-e3d3c10db5fc
「白痴」予約フォーム(携帯)
https://okepi.net/torioki-m/booking_form.aspx?paid=58ffa426-918f-4fd6-8a39-e3d3c10db5fc
------------------------
「コーカサス」予約フォーム(PC)
https://okepi.net/torioki/booking_form.aspx?paid=d3685c60-b865-463e-9efb-96d45f692fb4
「コーカサス」予約フォーム(携帯)
https://okepi.net/torioki-m/booking_form.aspx?paid=d3685c60-b865-463e-9efb-96d45f692fb4


◆作品紹介

(1)「Idiot~ドストエフスキー白痴より~」
原作:フョードル・ドストエフスキー

文豪ドストエフスキーが描く「善良で、最も美しい人間」とは?
美しい人たちが、なぜ殺され、心を壊されなければならないのか?
エゴイズムの世界で矛盾しながら苦しめあう私たちの様相。
「人間の心は、神と悪魔の戦う戦場である」

《あらすじ》
スイスでてんかんの治療をしていたムィシュキン公爵が、
数年ぶりにロシアに戻ってきた。
その道中に知り合ったロゴージン、彼の運命の女性ナスターシャ、
そして公爵に思いを寄せるアグラーヤ、
4人の複雑な関係は意外な結末へと突き進む。



(2)「コーカサスの白墨の輪」
作:ベルトルト・ブレヒト

「人間らしく生きることは危険だ!」それでも「生きる事を恐れるな!」
戦争の絶えないコーカサスを舞台に、誇り高くも無邪気な人々が大胆に生き抜く寓話劇。

《あらすじ》
中央アジアに位置するグルジアを舞台とした太古の物語。
国の権力を握る領主が反乱によって殺され、
産まれたばかりの領主の子供が宮廷に置き去りにされてしまった。
宮殿の召使いグルシェは赤ん坊を見殺しに出来ず抱いて逃げる。
子供の命を狙う兵士に追われつつも、氷河を越えて辺境の村へ逃げ、
苦難の末に自分の子として育てていく決意をする。
やがて内乱が終わり、領主夫人が子どもを連れ戻しにやって来た。
産みの親と育ての親、どちらが真実の母親か?!
かくして裁判は、混乱の最中ひょんなことから裁判官にさせられた、
村役場の小役人アツダクの手にゆだねられた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tokyonovyi.blog76.fc2.com/tb.php/1132-cfca5ebe

 | HOME | 

文字サイズの変更

メルマガ登録

【東京ノーヴイ倶楽部】 東京ノーヴイの舞台のヒミツや活動報告を 月1くらいのペースで配信します。 ※「@club-novyi.com」から配信。 ドメイン登録をお願いします。 ※メンバーサイトへもご招待致します。

メルマガの直接登録URLはコチラ

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!

当日のキャストは
こちらをクリック→ 【出演者情報】 して
ご覧下さい。

ペンギンのつぶやきはこちらをクリック
→【ペンギンリポート】


inainaのちょっとした話→【inainaのちょっとした話スタニスラフスキーシステムについて分かりやすくお話します。

<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

@tokyonovyiさんのツイート

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

カテゴリー

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。