発見!

毎月シアターΧさんでドストエフスキーの『白痴』とブレヒトの『コーカサスの白墨の輪』を公演している。
女性はほとんどダブルとかトリプルなので、数ヶ月空いたり、また毎月舞台に立つ俳優たちの成長に遅れないよう、自分はかなりプレッシャーを感じてしまう。

そこで頼れるのがスタニスラフスキーシステム!
先日の公演でも、あるシーンで、今まで自分の役がどうしてここで、こんな行動をとるのか、こんな言葉を話すのか、頭では正当化していたものの、心までは届いてなかった。
そこを内的に実感として『あっ!』と思う発見があった。
そしたらものすごく役の行動の流れが納得できた。

創造はプロセス!結果を見せるのではない。というアニシモフ先生から何度も教えて
もらっていることなのに、ちゃんとやらなきゃという思いばかりだと、結果にはしってしまいがち‥

毎回、お客さんにも相手役にも自分にも、新しい『発見』がある舞台を目指して、来月も顔晴りま~す!

よしこ

コメント

非公開コメント

メルマガ登録

「東京NOVYIメールマガジン」(週一ペースでの配信)に登録すると、「月刊Newsletter」(月一ペースでの配信)があわせて配信されます。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!


私たちは、ロシア功労芸術家のレオニード・アニシモフを芸術監督に迎え、ギリシャ悲劇からチェーホフにいたる、古典作品から厳選したレパートリーを上演しています

平成27年3月27日、東京都より「認定NPO法人」として認定されました。


<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング