イルカと人間の交流

江ノ島水族館に行ったら、ちょうどイルカショーをやっていたので観てきた。

そのイルカショーは、ショーの間にイルカに餌をやらずに、コミュニケーションでもってイルカに動いてもらうというコンセプトでやっていた。

そのショーは、僕が子供の頃に観たような、いわゆる調教師のお兄さんがやっていたようなものとはずいぶん違った。

異星人のような不思議な衣装を身につけた女性が、ミュージカルのように歌ったり踊ったりするのに合わせてイルカが泳いだりジャンプしたりするのだ。

それは見事にシンクロしていて、女性達は実際にイルカと喋っていた。イルカは、エサをもらうためではなくて、楽しいから?泳いだりジャンプしたりしていた(ように見えた)。

また歌の内容も、とてもスピリチュアルというか、メッセージ性の強いもので、例えば、「地球に生まれてよかった」というようなものだった。なんか時代の流れを感じたイルカショーだった、


僕たちが志している演劇芸術は交流芸術である。今日観たイルカショーは、紛れもなく人間とイルカが交流していた。なんだかとてもインスパイアされたイルカショーだった。

来月には演出家のアニシモフ氏が来日して古事記の稽古が始まる。

僕たちもあのイルカたちのように、エサではない何かのために歌ったり踊ったりしたいと思う。

こうじ

コメント

非公開コメント

メルマガ登録

「東京NOVYIメールマガジン」(週一ペースでの配信)に登録すると、「月刊Newsletter」(月一ペースでの配信)があわせて配信されます。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!


私たちは、ロシア功労芸術家のレオニード・アニシモフを芸術監督に迎え、ギリシャ悲劇からチェーホフにいたる、古典作品から厳選したレパートリーを上演しています

平成27年3月27日、東京都より「認定NPO法人」として認定されました。


<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング