スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なかなか上演されない「観音巡り」(曾根崎心中)


近松門左衛門 特集 3  
~『曾根崎心中』 当時の大坂をのぞく(3)~

今回は、現代ではなかなか上演されない、『曾根崎心中』の冒頭、「観音巡り」についての紹介です。

「…近松門左衛門の原『曾根崎心中』は、「観音巡り」から始まります。
この「観音巡り」は、主人公お初が大坂三十三所の寺々を巡って歩いていく姿を描いたものです。近松の本領ともいうべき美しい詞章が連ねられており、またそこに描かれる、お初の若々しい姿は非常に印象的です。文学作品として読むなら、きわめて重要な部分です。ただ本筋に直接関係がないことと詞章の難解さから、初演以来、ほとんどこの部分が上演されることはありませんでした。」

50%size (pd) 「牟芸古雅志」(瀬川如月著)より人形浄瑠璃「曾根崎心中」上演の様子 

この「観音巡り」のシーンは、大阪に住んでいる方にとっては、ごく身近な、当たり前の描写なのでしょう。
ただ、大阪に住んでいない私たちにはなかなか、実際に訪れる機会はありません。
今回、紹介させていただいております『心中への招待』で、著者の小林恭二氏が、実際に三十三所巡りを敢行し、その体験をレポートしてます。

「これも何かの縁だと思って、ある冬の日、歩いて廻ってみることにしました。…(中略)…
食事時間をあわせてざっと7時間、距離にして20キロ近く歩いたでしょうか。ただ廃寺が多く、実際に廻ったのは24所でした。しかも手を合わせる時間は、平均で5秒くらい。お初はちゃんと手をあわせ、賽銭も投げたでしょうから、もっと時間がかかったでしょう。一日で廻るのはかなり難しいというのが実感でした。」


近松は、当時では珍しいリアリズムの作家でもあり、実際の事件をもとに作品を書く際には、相当に調べあげて書いていることが知られています。おそらくは、この界隈を何度も歩きながら、想を練ったのではないでしょうか。
大阪を訪れる際は、ぜひ訪ねてみたいと思います。

※私たちの『曾根崎心中』では、この「観音巡り」の部分を、
「サザエさん」磯野波平役の声で親しまれた、声優の 故  永井一郎氏に、
素晴らしいナレーションで語ってもらっています。これは本当に、何回聞いても感動する、素晴らしい語り口です!
ぜひ私たちの劇場に足を運んでご堪能ください。
30 永井一郎写真 

参考: 小林恭二 著 『心中への招待』 (文藝春秋)



2018年2月22日(木) ~ 25日(日) 『曾根崎心中』 
公演の詳細はこちら20% 「曾根崎」申込バナー(横・うす茶)  


コメント

非公開コメント

メルマガ登録

「東京NOVYIメールマガジン」(週一ペースでの配信)に登録すると、「月刊Newsletter」(月一ペースでの配信)があわせて配信されます。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!


私たちは、ロシア功労芸術家のレオニード・アニシモフを芸術監督に迎え、ギリシャ悲劇からチェーホフにいたる、古典作品から厳選したレパートリーを上演しています

平成27年3月27日、東京都より「認定NPO法人」として認定されました。


<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。