スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月、清里のオルゴール博物館で、「アンティゴネー」を公演しました!

ギリシャ悲劇「アンティゴネー」特集 1

2月17日に、私たちは、山梨県北杜市の「萌木の村オルゴール博物館」にて、ギリシャ悲劇『アンティゴネー』を上演してきました。
これはホームシアターと呼ばれるもので、劇場ではない建物を利用しての特別な公演です。

    □上演日時:2018年2月17日(土)
    □会場:「萌木の村オルゴール博物館 Hall of Halls」

オルゴール博物館 山梨県北杜市「萌木の村オルゴール博物館」HPより


2月16日、早朝、皆で東京を出発。
お昼には、萌木の村オルゴール博物館に到着しました。


お天気がちょっと心配でしたが、好天に恵まれました。


10% IMG_20180216_113943 (1) 
さて、到着してスグ、
博物館の前で、猫に遭遇!
10% neko ③ 
この「萌木の村」で飼われている
猫なのでしょうか? 

人に慣れた感じでしたが、
皆に囲まれて驚いたのか、
その後、逃走…。
(スミマセン)
10% neko ② 
午後は、このオルゴール博物館での空間の使い方を探すために、様々な可能性を試しながら、丁寧に丁寧に、場面ごとのリハーサルを進めていきました。

残念ながら、この日は全場面を通すことはできませんでした。リハ後、全員でホテルに宿泊です。



2月17日
午前中に最後のリハを済ませ、お客様を迎えます。


1519306144048.jpg 1519306154619.jpg 

14時半~、本番が始まりました。
50% 2018アンティゴネ in オルゴール博物館 2-4 

終演後に主催者の方々より、「最高の芸術を間近で観ることができ感動した」との言葉を頂きました。

片づけを終わらせた後、博物館スタッフの方もまじえて、
皆で記念写真を撮影しました。
皆さん、本当にお疲れさまでした! 

スタッフ交えての集合写真 

今後も引き続き、こういった機会での特別な公演活動も続けてまいります。どうぞ、お楽しみに!



さて、3月には、この『アンティゴネー』が下北沢で上演されます。
2018年 3月22日(木) ~ 24日(土)
ギリシャ悲劇
 ソポクレス作『アンティゴネー』

今回は、3公演のみになります。
下北沢の劇場は、限定25席の空間です。ご予約はお早めにどうぞ。
公演の詳細とお申し込みはコチラ!
<公演情報・申込み>ボタン 




コメント

非公開コメント

メルマガ登録

「東京NOVYIメールマガジン」(週一ペースでの配信)に登録すると、「月刊Newsletter」(月一ペースでの配信)があわせて配信されます。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!


私たちは、ロシア功労芸術家のレオニード・アニシモフを芸術監督に迎え、ギリシャ悲劇からチェーホフにいたる、古典作品から厳選したレパートリーを上演しています

平成27年3月27日、東京都より「認定NPO法人」として認定されました。


<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。