星になった人

私は、絵を見るのが好きです。

描くのも好きだけど、あんまり上手じゃないから、やっぱり見るのが好きです。

そんな訳で、昨日は美術館に行きました。

武蔵野私立吉祥寺美術館
「瞽女と哀愁の旅路―斎藤真一展 」です。

小さい美術館ではあるけれど、じっくり見るには、丁度良い。
しかも入館料100円は安い!
交通費の方が高い。。。

最近、個人的に “瞽女(ごぜ)うた”というものに興味がありまして、色々調べる中でたまたま見つけた美術展なのですが、この斎藤真一さんという画家さんは、盲目の女旅芸人の厳しい生活と、それを迎えいれる村人達の人情の中に、本当の人間の姿を感じて、瞽女をモチーフにした絵画やエッセイなどを多数発表した方だそうです。
心に染みる絵って、見ているとその絵の中の空気とか温度とか、勝手に感じられてしまうものなんですね。
これは、演劇でも音楽でも小説にしても同じで、必要なのはこの感覚なのだと改めて、実感してしまいました。

斎藤さんは、こんな事を言っていたそうです。

「本来の人間の生活は自然と共にあったはずなのに、人間が自然を創ろうとした途端、人間は自然から隔離されてしまった。」と

なんと、スタニスラフスキーではありませんか!?

しかし、ほぼ都会で生まれ育った私にとっては、自然に身を任せるということが難しく、周りの人々が全て不自然なものに思えてきたりして、世の中に絶望したくなったりします。
そんな中、私に力を与えてくれた作品がありました。

「二本木の雪」
という作品です。

夕日の沈みかかった一面真っ白な雪の平野を、山の遠く輝く一つ星に向かって、三人の瞽女さんが歩いている絵です。
後から調べたら、この絵は斎藤さんの晩年の作品だったようです。
かれの代表作に 「星になった瞽女」という作品があるのですが、この晩年の作品を見ていたら、「この人も星になったんだろうな…」と思えてしまったのです。
私も、遠く輝くひとつ星に向かって雪をかきわけながら生きて行きます。

            感傷的なさすらい芸人

↓ランキングに登録しています。
下の画像をポチッと押してください。応援よろしくお願いします。↓

CoRichブログランキング






▲ただいま、「6thシーズン公演」 開催中!(毎週金・土)▲
!!東京ノーヴイ・レパートリーシアター!!  
ホームページはこちら→ http://www.tokyo-novyi.com/
携帯からのアクセスはこちら →http://www.tokyo-novyi.com/mobile/mobindex.htm 

!!東京ノーヴイ・レパートリーシアターメールマガジン発行中!!
公演情報・作品についての豆知識・インタビュー他、メルマガ読者限定プレゼント企画も。(登録無料)
☆ご登録はこちらから☆ http://www.mag2.com/m/0000249994.html
(携帯版もあります )http://m.mag2.jp/M0073277

コメント

非公開コメント

メルマガ登録

「東京NOVYIメールマガジン」(週一ペースでの配信)に登録すると、「月刊Newsletter」(月一ペースでの配信)があわせて配信されます。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!


私たちは、ロシア功労芸術家のレオニード・アニシモフを芸術監督に迎え、ギリシャ悲劇からチェーホフにいたる、古典作品から厳選したレパートリーを上演しています

平成27年3月27日、東京都より「認定NPO法人」として認定されました。


<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング