21日の事務所当番日誌

今日幽体離脱らしき体験をしました。

寝ていたらふわっと浮いた感覚があり、自分の寝ている姿を見下ろしていました。
その後外に出て住宅街を抜け、新宿らしきビル郡や、モスクワみたいなムスク
(友人に話したら代々木上原じゃないかと言われた)が見えました。

その後身体に戻り、しばらく身体が動かせないような、びりびりとした感覚が
あってから目覚めました。

単なる夢かもしれない。

でも、運動した後みたいな、ものすごい爽快感がありました。

ストレス発散!すっきり!みたいな。


幽体離脱だとして、何のために、そんなことが起こるのだろう??
そこに何の意味があるんだろう?

そんなことを一日考えていたら、たまたま何日も前にパソコンに届いていたメルマガ
を読む気になり、そのメルマガに以下のリンクが貼ってありました!

成長のヒント以下、要点を抜粋します。


自分の天命は何だろう?
天職って何だろう?
どうやったら幸せで豊かになれるんだろう?

そんな疑問を持って1万人を超える経営者や著名人にインタビューをした
このメルマガの著者小田真嘉さんは、「誰でも悩みを抱えている」 ということに気づきます。

違うのは 悩みの種類と、「悩みに対してどのように向き合うか」その姿勢 の違いでした。

その姿勢の違いを意識してみると、4つに分かれます。

Riceステージ(シュードラ):自分の欲求を満たすだけの生き方。生活の維持の為だけの働き方。
Likeステージ(ヴァイシャ):好きなことを追求する生き方。やりがいを感じる楽しい働き方。
Lifeステージ(クシャトリヤ):人生の意味や目的を求める生き方。周りに喜ばれる生きがいあふれる働き方。
Lightステージ(バラモン):天命を全うする生き方。天職として社会に貢献する働き方。

インドのカースト制度は本来は心の成長の段階のことをあらわしていて、
段階ごとに価値観と働き方が違うわけだそうです。

東京ノーヴイは、集団としてLifeステージまで成長してこれたと、個人的に思っています。
だから、これからは集団として自分が輝いて周りを照らすLightステージを目指していく必要があるのだ
と思いました。

でも一方で、劇団員一人一人は、アルバイトで生計を立てています。
アルバイトが単なるRice Workである場合もあります。
生き方はLifeステージでも、仕事がRiceステージであるという捩れがあるところに、葛藤があります。
収入源もLifeステージやLightステージまで成長できることを模索していかなければならない!


小田真嘉さんは夜逃げした父親と働かない母親の下に生まれ、
中2からタロット占いや化粧品の販売で家計を支えていました。
お金が無くて防衛大学に入り、在学中に腰痛や気管支喘息に苦しみ任官拒否をして卒業した途端、
気管支喘息や腰痛が治り、現在は経営コンサルタントをしています。
長いですが、詳細が語られていますので、お時間ある方はどうぞ!
http://www.spiritualvoyagers.jp/interview_vol037.html


まきこ

コメント

非公開コメント

メルマガ登録

「東京NOVYIメールマガジン」(週一ペースでの配信)に登録すると、「月刊Newsletter」(月一ペースでの配信)があわせて配信されます。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!


私たちは、ロシア功労芸術家のレオニード・アニシモフを芸術監督に迎え、ギリシャ悲劇からチェーホフにいたる、古典作品から厳選したレパートリーを上演しています

平成27年3月27日、東京都より「認定NPO法人」として認定されました。


<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング