「どこかで誰かが」

東京の街はのんびりしてる様な、張詰めている様な、変な空気が流れてますね。

僕はなるべく日常を生きようと考えています。
ま、俳優だから非日常みたいな日常だけど…

今日こんなメールを、サポーターの方から頂きました。
(了承を頂いてないので、一部だけばっすいさせて頂きます)

『不安や恐怖も沢山ありますが、いつもの生活を愉しむこと、祈ること、今はそれだけです。
皆様にとって無理のない公演再開を望みます。
いつも楽しませて頂きありがとうございます! 』

(Yさん、ありがとうございます。)

他にも、地震以来、温かいメールを戴いていて、かえって繊細な劇団員たちを勇気づけて貰っています。
必ず舞台で恩返ししたいと思います。

今はそう。祈ること。

ときに、祈っていると、もどかしかったり、ぎこちない感じもあります。

でも、とにかく祈ってみる。

『銀河鉄道の夜』のこんな台詞が浮かんでくる。

「ああ、その大きな海はパシフィックというのではなかったろうか。
その氷山の流れる北のはての海で、小さな船に乗って、風や凍りつく潮水や、激しい寒さと戦って、誰かが一生懸命働いている。
僕はその人に本当に気の毒でそしてすまないような気がする。
僕はその人のさいわいのためにいったいどうしたらいいのだろう。」

僕にとって祈ることは、いざと言うときに、自分が思いやりのある行動をとれるようにする「準備」なのだと思ったりします。

祈り、そして一日を始めよう。

この数日で、みんな思っているよりストレスを溜めてます。
愛する人にエールを送ろう。

被災地は、本当に深刻な状況です。
その為にも、僕に出来るだけのことをしよう。

世界をよりよくするための関与をしよう。



コメント

非公開コメント

メルマガ登録

「東京NOVYIメールマガジン」(週一ペースでの配信)に登録すると、「月刊Newsletter」(月一ペースでの配信)があわせて配信されます。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!


私たちは、ロシア功労芸術家のレオニード・アニシモフを芸術監督に迎え、ギリシャ悲劇からチェーホフにいたる、古典作品から厳選したレパートリーを上演しています

平成27年3月27日、東京都より「認定NPO法人」として認定されました。


<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング