ちょっとした話 30

30 『相手』


アニシモフ氏、よくいわく、
「(日本語で)相手、相手、相手!」


目の前にいる相手を忘れてるよ~、ということ。


目の前に生きた人間がいることを、忘れる?…そんなことがあるのか?
……これが、よーく起こるんです、舞台上では。


日常では、そうですね~゛上の空゛の時にそうなりますかねぇ。

舞台上での゛上の空゛は、どんな風に起こるか……
…興味(意識)が、自分だけに向くと、相手を見失います。

それも、

「私は、うまい演技できるだろうか」
「私を、演出家は誉めてくれるだろうか」
「私は、お客さんにウケるだろうか」

…みたいな意識に囚われると《心配と緊張》が現れて、とたんに目の前の生きた相手を見失ってしまいます。
《交流》の糸が、切れてしまうのです。



何かに夢中になっている人の《行動》を見るのは、たいへん面白い。

特に、今、目の前で起こっていることや、相手に対して夢中になっている、つまり、《我を忘れて》何かに夢中な人の《行動》ほど、面白い。

真摯で、個性的で、真っ直ぐで、時に滑稽で暖か、時に辛辣で鋭い、とにかくその人にしかやれないような、独創的な《行動》で立ち向かって行きます。

ところが、自分のことを考えている人の《行動》は、あまり面白くない。
自分のことばっかり話す人、いますよね。
ま、誰しも(あたくしも)そういうトコありますけど…。


それは、俳優の場合《結果》のことを考えているのに、他なりません。
目の前の相手を飛び越えて、外側のだれかの《評価》を求めることだからです。


俳優同士の《交流》の糸が切れたら、観客には、見るものがないのです。



モーガン・フリーマンへのインタビュー。

Q「あなたにとって、相手役の存在は何%ですか?」
A「(即答)100%です。演技とは、リアクションのことです。」


以前にも書きましたが、マーロン・ブランドの言葉
…「私は演技しない。ただ反応するだけだ。」


あぁ、こんな簡単なことが、当たり前のことが、なんとむずかしいのでしょうね。


では、また…

コメント

非公開コメント

メルマガ登録

「東京NOVYIメールマガジン」(週一ペースでの配信)に登録すると、「月刊Newsletter」(月一ペースでの配信)があわせて配信されます。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!


私たちは、ロシア功労芸術家のレオニード・アニシモフを芸術監督に迎え、ギリシャ悲劇からチェーホフにいたる、古典作品から厳選したレパートリーを上演しています

平成27年3月27日、東京都より「認定NPO法人」として認定されました。


<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング