「白痴」稽古にて

本日、「白痴」稽古。

各俳優が台本を読み、自分なりにその解析をし、役を演じて見る。

自分でやってみていつも思うことだが、今日は稽古で仲間が役に取り組んでいる姿を客席から見ながらあらためて思った。

人間は自分で「こう」と思ったアイデアにとらわれて、かんじがらめになる。

視野もせまくなり、他にいくらでもある筈の別のバリエーションを見出せなくなる。
なぜなのか?
簡単そうに思えるがなかなか出来ない。

自分に軽々と飛びたいと思うのだが…

これは社会生活の中でも同じなのだろうと自らを振り返って思う。

自分の勝手な思い込み。
この範囲から抜ける事が、なかなかに難しい。
そして普通はこの「思い込み」自体にさえなかなか気付かない。

今日は僕の中の「恐怖」を見てみる日でもあり、そこでもいかに自分から自分に対しての思い込みを抱えているかにあらために苦笑だった。

          ナベ

コメント

非公開コメント

メルマガ登録

「東京NOVYIメールマガジン」(週一ペースでの配信)に登録すると、「月刊Newsletter」(月一ペースでの配信)があわせて配信されます。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!


私たちは、ロシア功労芸術家のレオニード・アニシモフを芸術監督に迎え、ギリシャ悲劇からチェーホフにいたる、古典作品から厳選したレパートリーを上演しています

平成27年3月27日、東京都より「認定NPO法人」として認定されました。


<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング