「どん底で」撮影初日

昨日、「どん底で」撮影初日、無事に予定通り終了しました。
朝8:30~夜9:00すぎまで、下北の劇場に缶詰状態。
「どん底で」をご覧になった方ならおわかりと思いますが、衣裳は冬用…しかも重ね着している役がほとんど。
楽屋にはエアコンがなく、暑さも加わって、ヘロヘロでした。
でも俳優たちは生き生きしてましたよ。同じシーンを何回もやるとか、シーンを抜いてやるとか、慣れないことばかりでしたが、無邪気にすべてを楽しんでいるようでした。
私は後半の出番だったので、待ち時間中、スタニスラフスキーシステムで、内部のエンジンをいつでも走らせられるように準備していました。舞台とは違う集中力や切替が必要なんだということを体感し、いい勉強をさせてもらいました。演劇は演劇の、映像は映像の貴重さを知りました。

さて東京ノーヴイ・レパートリーシアターは全員が俳優ですが、それぞれに技があって、美術や照明や外国語や三味線、お料理などなど、各分野でプロ並の技をもっているメンバーが多いのです。
今回も映画監督の勉強をしているメンバーがいたからこそ、「どん底で」撮影の実現が可能になったとも言えます。一番大変なのが、やはり監督でしょう。撮影が終わっても編集がありますからね。
「どん底で」の映像作品が完成したら、試写会を企画して、ぜひ東京ノーヴイ・レパートリーシアターの新米監督を皆さんにご紹介できたらいいなと思っています。
えんぴつ

コメント

非公開コメント

メルマガ登録

「東京NOVYIメールマガジン」(週一ペースでの配信)に登録すると、「月刊Newsletter」(月一ペースでの配信)があわせて配信されます。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!


私たちは、ロシア功労芸術家のレオニード・アニシモフを芸術監督に迎え、ギリシャ悲劇からチェーホフにいたる、古典作品から厳選したレパートリーを上演しています

平成27年3月27日、東京都より「認定NPO法人」として認定されました。


<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング