時広真吾さんのアトリエにて

11月に初日を迎える「白痴」

今、演出家はロシアに帰り、劇団員は夏休み…といいたい所ですが、各々が役作りに励んでいるところです。

先日、イェパンチン家の衣装をあわせに来て欲しいとの事で、衣装の時広真吾さんのアトリエにお邪魔してきました。

日常の稽古やら、バイトやらで疲れきった私たちには、気持ちの洗われるようなステキな空間。

芸術家、クリエイターであるという事は、こういう日常の積み重ねでもあるのかもしれないと思いました。

同じ服にしても、布一枚の価値が違うとこんなにも感情に影響を与えるのかと驚きました。

私たちがお邪魔したときには、すでにイェパンチン家の基礎となる衣装が飾ってあり、キャラクターによって色々と変化をさせるそうです。

色々素敵な時広さんの作品を見せていただいたり、衣装を試着したり、テンションが上がります!!
時広さんの衣装のすごいところは、色んな着方が無限にできる事。
時広さんの手を通すと一枚の布が、まったく違う顔になります。

P1020587.jpg
P1020592.jpg
P1020597.jpg
P1020598.jpg

時広さんのファンの方にとっても見ごたえのある舞台になりそうです。

私達のまだまだ決まらないキャラクターにも確実に新たなヒントを頂きました。
時広さん、ありがとうございました!!

さて、さて、どんな「白痴」なりますやら。。。

これから、3ヶ月。
もう勉強です!!




Idiot~ドストエフスキー白痴より~

2011年11月10日~13日
シアター×にて

チケットのお求めはこちらから →sign.jpg

コメント

非公開コメント

メルマガ登録

「東京NOVYIメールマガジン」(週一ペースでの配信)に登録すると、「月刊Newsletter」(月一ペースでの配信)があわせて配信されます。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!


私たちは、ロシア功労芸術家のレオニード・アニシモフを芸術監督に迎え、ギリシャ悲劇からチェーホフにいたる、古典作品から厳選したレパートリーを上演しています

平成27年3月27日、東京都より「認定NPO法人」として認定されました。


<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング