病気

変だなーと思っていても、月日がたつとそんなものかな?になってしまって、病院に行くにも時間を作ることが面倒に感じ。。。と思っていたら体のほうから危険信号をバンバンだされて、やっと病院に行ったら遅かった。

自分がそのときは多少のここと思っていたことが、いつの間にかそれが自分の運命に大きく作用していて、気づけば取り返しのつかないことになっていた(これに似た言葉がノーヴィが今までしてきた芝居の、誰かの台詞にあったような気がするんですが、どの役の台詞か、覚えてる方教えてください)、ということが最近病気以外のことでも感じていたが、今回もそれだ。

20代のころ、30代のころ、自分の将来には子供がいる家庭を思い描き、でも今はまだいいかなあ~と、人生は永きもの、永遠なものと感じていた。それでも最近はそろそろタイムリミットを感じ子供が欲しい、つくらなければなあ~と思っていた。でも自然にできることを祈り、努力しているようで、していなかった。

20代のころ、30代のころ不妊治療している方々の話を聞き、大変だな~とは思ったけど、自分は問題ないとなぜか確信していた。夫婦で子供のいない方々は、なぜつくらなかったんだろか?と思い、「どうして子供つくらなかったんですか??」などと、どちらかというと、わざとつくらなかったんではないかという批判めいた気持ちで聞いたことがあった。子供ができなかったという悲しみの末で、その夫婦が子供のいない人生を選択せざる得なかったことさえ、わからなかった。なんて無神経なわたしか!

巨大筋腫に、子宮内膜症の中でも厄介な子宮腺筋症で、高齢で、子供なんかつくれる子宮じゃない、子宮全摘出、子供が欲しかったなら、なぜこんなにまでしてほっておいたのか?若いときにそんないいかげんことしてたら高確率でこうなる!などとお医者さんに言われたとき、「ほんまに、あほやった。」と自分が情けなくて情けなくて、なに遊んでたんだろうと思った。

子供が欲しいか欲しくないかの選択がいままではできるからノラクラ安心していたのだと思う。今は選択できないからいきなりびっくりして現実に目を向けたのだろう。

子供のいない夫婦生活。それを選択しなければならない。
もちろん代理母出産、養子という選択もある。再発のリスクはあってもどうにか子宮を残しての不妊治療・・・確立は高齢で健康な母体じゃないからどれも10%以下の確立で成功。人工授精は、 1 回につき 1 万~ 3 万円程度、体外受精は、約 30 万円程度、顕微受精は、約 50 万円程度。お金のある人は何度も体外受精繰り返していると知人から聞いた。
私の中では代理母出産、養子は心の許容範囲なく無理だ。果たして不妊治療は・・・経済的に考えたら人工授精しかない。

その前に自分が本当に、子宮残して再発のリスクあっても、不妊治療して、子供が欲しいのか。子供がいなくてもよいのかを考え悩まなければならない。家族は皆健康一番で子宮全摘出を望むが・・・。

それにしても、この開腹手術に至る治療の4ヶ月間はホルモン療法。この副作用で体がけだるくなかなか動けない。
せっかく「白痴」の稽古をしてきたのに、9月からの稽古を断念せざる得なくなったのは、残念。
短い間のノーヴィでした。本当にお世話になりました。

岐路




コメント

非公開コメント

メルマガ登録

「東京NOVYIメールマガジン」(週一ペースでの配信)に登録すると、「月刊Newsletter」(月一ペースでの配信)があわせて配信されます。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!


私たちは、ロシア功労芸術家のレオニード・アニシモフを芸術監督に迎え、ギリシャ悲劇からチェーホフにいたる、古典作品から厳選したレパートリーを上演しています

平成27年3月27日、東京都より「認定NPO法人」として認定されました。


<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング