瞽女唄日記

毎年2月、私たちに瞽女唄の指導をしてくださっている萱森さんのライブが東松原で開催されます。
私個人的には今年で3回目の鑑賞となるのですが、今年は劇団の作品に瞽女を取り上げさせて頂いた為、
劇団のメンバー数名を引き連れて、なんだか主宰者のような気分で、いつもと違うドキドキ感。

私が「良い!」と思うものが、一体どれだけ受け入れてもらえるものだろうか・・・

ライブは「かわいがらんせ」という短い門付け唄ではじまり、
次は萱森さんのお弟子さんの北村さんによる祭文松坂「景清」。
続いて北村さんが普段地元で唄っているという「しゅんか」を披露してくれ、
次は萱森さんによる祭文松坂「景清」の続き。
そして最後に立ち唄として「二上がり甚句」「どどいつ」。
という流れでした。

瞽女唄のメインは祭文松坂なので、これについて感想を少々。

この日唄われた「景清」は歌舞伎にもなっているので知っている人もいるかも知れませんが、

戦に破れ投獄された景清は、その仇討ちを果すため無言の願掛けをするのだが、そこへ妻子が獄中見舞いにやって来て、言葉を発してくれない景清に絶望極め、自害して果てる。

というようなお話。

祭文松坂の文句は難しいので、何となく内容だけは調べていたのですが、このストーリーだけを知った私は
「仇討ちのために妻子を見殺しにするなんて、なんとひどい話だ!」
と思っていました。ところが瞽女唄を聴いているうち、
といっても、祭文松坂の文句は難しいので半分も聞き取れてはいないにも関わらず、
“景清も阿古屋(景清の妻)もとても強い思いに駆られていて、葛藤している状況”というのが感じられて
私の中で“ひどい話”がホロホロに変わってしまいました。
文句がわかりにくかったおかげでか、この日の私がぼんやりしていたおかげでか、
私の想像力は返って広がったようで、理屈や常識では計り知れない人の心を垣間見たような感覚でした。

とはいえ、私がこんな感覚を楽しめるのも、私が瞽女唄好きだからというだけかも知れません。
メンバーの中には、難解で苦手だという人もいたでしょうし、それで良いと思うし。
でも、「泣いてしまった」とか、「昔の村人が、瞽女さんの来訪を心待ちにしていた気持がわかる」
というような感想を聞くこともできました。
主宰者気分の私としては何よりです。

実は、明日は新潟で、瞽女唄の稽古がある日なのです。
私の目標はとりあえず、“祭文松坂”を一曲唄えるようになること”
いつか聴いて下さいね。
それでは、雪国で遭難しないよう、行って参ります。


ごぜぎ

コメント

非公開コメント

メルマガ登録

「東京NOVYIメールマガジン」(週一ペースでの配信)に登録すると、「月刊Newsletter」(月一ペースでの配信)があわせて配信されます。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*お名前ふりがな

プロフィール

東京ノーヴイ

Author:東京ノーヴイ
東京ノーヴイ・レパートリーシアター

東京ノーヴイ・レパートリーシアターのメンバーたちが、任意に稽古の模様や本番の様子などを、お伝えしてまいります!


私たちは、ロシア功労芸術家のレオニード・アニシモフを芸術監督に迎え、ギリシャ悲劇からチェーホフにいたる、古典作品から厳選したレパートリーを上演しています

平成27年3月27日、東京都より「認定NPO法人」として認定されました。


<検索タグ>
東京ノーヴイ・レパートリーシアター
ノーヴイ
ノーブイ
のーぶい
ノービー
のーびー

TNRT 公式ホームページ

東京ノーヴイ・レパートリーシアター

Twitter on FC2

ランキングに登録しています

ランキングに登録しています。 下の画像をポチッと押してください。 応援よろしくお願いします。↓ CoRichブログランキング